安倍川もちのうまい店

静岡名物★うまい店

安倍川餅の名店・おいしい店

  • 安倍川もちのうまい店
  • 安倍川もちがおいしい店
  • 安倍川餅の名店
  • 静岡名物 安倍川もちの名店
安倍川もちのうまい店

安倍川もち

江戸時代初頭、駿府を居城として大御所政治を行っていた徳川家康が、安倍川の畔の茶屋に立寄った際に、そのご主人が気を利かせて、上流の「梅ヶ島温泉」近くにあった金山の砂金に見立て、つき立ての餅に黄な粉をまぶし献上したのがその始まりとされる。たいそう喜んだ家康が「安倍川もち」と命名したという言い伝えも残る。それ以後、東海道の名物となり、全国にその名が知られるようになった。

本来は、このつき立ての餅に黄な粉をまぶし、その上から白砂糖をかけたものを「安倍川もち」と称したが、現在では黄な粉以外に、こし餡・粒あんを絡めたものも売られており、こちらも「安倍川もち」と呼んでいる。

このページの先頭へ