小山町観光ガイド富士スピードウェイ

伊豆・駿河観光ガイド 『駿河湾★百景』のホームページ 伊豆・駿河の100景を検索する

Vol . 408

富士スピードウェイ

Oyama Town

小山町

2 つ星評価

Fuji Speedway

富士スピードウェイ

Presented By 星★聖

富士スピードウェイ(小山町)

奇石博物館のページです 静岡名物のうまい店のご紹介です 静岡県のゴルフ場のご紹介です 国内宿泊予約のページです 伊豆の温泉宿ランキングです 御殿山のページです
富士スピードウェイをご覧の皆様へ

富士スピードウェイとは?

静岡県駿東郡小山町にある、1966年1月3日にオープンした、名物の1475mのロングストレートがある、全長4563mの国際レーシングコース。当初は1700mの直線に30度バンクもある約6kmのコースだったが、1974年にオーバルが廃止され短縮。1980年台には、社会的問題により廃止寸前の危機もあったが、2000年にトヨタ傘下となると、2003年9月より全面改修され、2005年4月10日に、ヘルマン・ティルケの手により、テクニカルセクションがあるコースへと生まれ変わり、施設も一新された。2007年・2008年には、1977年以来となるF1グランプリも開催された。

この時期がおすすめ!

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

名  称富士スピードウェイ

ふりがなふじすぴーどうぇい

ローマ字Fuji Speedway


地  区小山町(Oyama Town)

住  所小山町中日向694

お問合せ0550-78-1234


公式HP富士スピードウェイ

参考HP小山町観光協会

するナビ小山町の観光スポット


体験・見学施設


富士山の絶景スポット

富士スピードウェイのPR

富士スピードウェイの評価

富士スピードウェイの評価グラフです
星★聖のここがポイント!

富士スピードウェイのコースを一周しよう!

自転車やマラソンのイベントや、サーキットサファリなどで一周してみよう!

サーキットに行ったら、とにかく歩き回ろう!

かなり疲れるが、その広さや高低差などを体で感じられるよ!

レースやイベント時に訪れよう!

鈴鹿サーキットと違ってレースやイベントが無い日に行っても、一般向けには何も無いよ!

富士スピードウェイ 編

国内旅行業務管理者&温泉マイスター 星★聖(ほし たかし)の署名画像です 星★聖

富士スピードウェイの地図

富士スピードウェイの見所

FISCO ⇒ FSW

現在は、Fuji International Speedwayで略称もFSWだが、Fuji International Speedway Co.,LtdのFISCOの方がしっくりくる。

イベント広場

レース開催時には、レーシングマシンや露店が並び、特設ステージではトークショーや撮影会・抽選会などが行われ、大賑わいとなる。

改修前 ピット

ピットのシャッターの数字がなんとも懐かしい。改修前の方が味があり、コースとの距離も近く親しみがあり、観戦するには良かった・・・

改修前 メインストレート

かつては超高速サーキットで、しかも1974年迄は1コーナーの先に30度バンクのオーバルがあった。ゆっくり走ったことがあるが凄い角度だ!

改修前 メインスタンド

F2⇒F3000⇒フォーミュラニッポンと、日本一速い男を競い数々のフォーミュラカーレースが開催された。現在はスーパーフォーミュラに!

富士ファイナル

改修前最後のイベントとして2003年9月に開催。往年のマシンやレーサーが駆けつけ盛大に行われ、ラストの花火を見つつ自分も涙した・・・

IMPUL GT-R

富士を席巻したGT-R。カルソニックブルーと言われるこの色は、いつの時代もサーキットを駆け抜けており、レースファンで知らない人はいない。

ミノルタトヨタ 90CV

ミノルタトヨタと言えば36号車だ。ルマンに燃えた80年代~90年代のプロトタイプと呼ばれるマシンだ。現在はWEC(世界耐久選手権)に!

JPS ロータス78フォード

ジョン・プレイヤー・スペシャルカラーが美しいロータス78。F1界にグラウンドエフェクト革命を起こし、富士ではポール・ポジションを奪取!

フェラーリ F1

F1というと鈴鹿のイメージだが、過去4回富士でも開催されている。イベント等でF1マシンがメインストレートを駆け抜ける機会も意外と多い。

2005年リニューアル

2005年に全面的にリニューアルされた富士スピードウェイ。2007年と2008年には、1977年以来30年ぶりにF1グランプリが開催された。

TOYOTA

2000年よりトヨタの傘下に入り、サーキットも白と赤を基調にしたものに。コースレイアウトもヘルマン・ティルケの手により大幅に変更された。

空飛ぶGT-R

モータースポーツにおいては避けられないのがクラッシュ。時には客席近くまでパーツが飛び散ることもあるので、常に注意を払っておこう!

TV中継や取材シーン

レース当日は、イベント広場やパドックを歩いていると、テレビ中継の場面や、著名なリポーターの取材シーンに数多く出くわす。