静岡市観光ガイド増善寺

伊豆・駿河観光ガイド 『駿河湾★百景』のホームページ 伊豆・駿河の100景を検索する

Vol . 437

増善寺

Shizuoka

静岡

3 つ星評価

Zozen-ji Temple

増善寺

Presented By 星★聖

増善寺(静岡)

富士花鳥園のページです 静岡名物のうまい店のご紹介です 静岡県のゴルフ場のご紹介です 国内宿泊予約のページです 伊豆の温泉宿ランキングです 富士山こどもの国のページです
増善寺をご覧の皆様へ

増善寺とは?

静岡市葵区慈悲尾(しいのお)にある、山号を「慈悲山(じひさん)」と称する、延命地蔵尊を御本尊とする今川氏親ゆかりの曹洞宗寺院で、「駿河三十三観音霊場」の第16番札所。681年に、法相宗の始祖 道昭により「保壇院」として開創。723年に、行基作の「駿河七観音/安倍七観音」の第二刻を安置。その後「慈悲寺」と呼ばれ親しまれるも衰退。1500年に、駿河・遠江守護で今川家中興の祖と言われる9代当主 今川氏親により七堂伽藍が整備され、性寅(しょういん)を開山として、真言宗より曹洞宗に改宗し再興。氏親の墓や歌碑の他、等身大の木像などがある。

この時期がおすすめ!

1月  2月  3月  4月お花見 5月新緑 6月新緑 7月  8月  9月  10月  11月  12月 

名  称増善寺

ふりがなぞうぜんじ

ローマ字Zozen-ji Temple


地  区静岡市(Shizuoka City)

住  所静岡市葵区慈悲尾302

お問合せ054-278-6333


参考HP静岡シティプロモーション

するナビ静岡市の観光スポット


寺院・仏像・お堂


お花見・桜の名所


駿河三十三観音霊場

増善寺のPR

増善寺の評価

増善寺の評価グラフです
星★聖のここがポイント!

アプローチが絵になるお寺だよ!

山門から続く苔むした石畳がなんとも歴史を感じさせる、とても絵になるお寺だよ!

今川家霊廟へのお参りを忘れずに!

境内奥にある、氏親夫妻らの3基の五輪塔が収まる霊廟へお参りしよう!

異色のお花見スポット!

淡い黄色のウコンザクラや淡い緑色のギョイコウが咲く、ちょっと変わった桜の名所だよ!

増善寺 編

国内旅行業務管理者&温泉マイスター 星★聖(ほし たかし)の署名画像です 星★聖

増善寺の地図

増善寺の見所

駐車場入口

手前にあるこの駐車場に車を止め、そのまま本堂の方へと行ける。増善寺への境内への出入りは、基本的にここからとなる。

招福達磨

境内を歩き出して目に飛び込んできた招福達磨。手前の石像のようなお顔で、平穏無事な毎日を過ごしたいものだ・・・

栴檀林

扁額には「栴檀林(せんだんりん)」の文字が。「栴檀林無雜樹(栴檀林に雜樹なし)」よりきているとされるが、優れたものの集まりを意味する。栴檀は香木の一種で、発芽時より香りを放つことから、大成する人は幼少時より優れているという「栴檀は双葉より芳し」の諺でも知られる。奥の本堂の扉には今川家の家紋が光る。

山門

駐車場より30m位通りを先に進むと山門があるが、手前にロープが張られているので、外から入るのは止めておこう。

アプローチが絵になるお寺

新緑の季節に訪れると、一層緑が美しく、苔むした石畳を木漏れ日がうっすらと照らす光景は、なんとも言えず美しい。

氏親公も家康公も歩いた石畳

晩年「今川仮名目録」を世に送り出した氏親公も、今川家の人質だった竹千代時代の家康公も、この石畳を歩いていたと思うとなんとも不思議なものだ。家康はこの参道で小鳥を捕まえ、同郷で後に「可睡斎」の住職となりその名の由来ともなった仙麟等膳(せんりんとうぜん)和尚に諭されたという。

今川氏親の歌碑

坐禅にはげむも、40歳を過ぎて未だ仏の道が見えないと悩む「いかゞえむ 四十あまりの 年のをに とかぬ所の 法のまことを」の詩が刻まれている。

石碑が並ぶ

1526年6月23日に氏親公が亡くなると、増善寺には7000人の僧侶が参列し、曹洞宗最高法式にて戦国史上例のない大葬儀が営まれたという。

本堂

今川家古文書や家康公が寄進したとされる天目茶碗や扇・硯など寺宝の一部は、「静岡浅間神社」にある静岡市文化財資料館に移されている。

駿河三十三観音霊場

駿河三十三観音霊場」の第16番札所。御詠歌は「いくたびも 誓いをかけよ 増善寺 慈悲尾山の あらんかぎりは」。

観音堂

千手観世音菩薩像が安置されている観音堂。このお堂の周辺に、淡い黄色の鬱金桜(ウコンザクラ)や淡い緑色の御衣黄(ギョイコウ)が咲く。ソメイヨシノのような華やかさはないが、全く異なる雰囲気のお花見が楽しめる。開花時期はソメイヨシノよりも遅めで4月中~下旬頃。

駿河七観音

行基手彫りの「駿河七観音」がある他の寺はというと、「法明寺」「建穂寺」「徳願寺」「鉄舟寺」「平澤寺」「霊山寺」となる。

地蔵菩薩

子供の守護神として知られる地蔵菩薩は、最も親しみやすい仏様だ。苦しむ人々を無限の大慈悲の心で包み込み救ってくれる・・・

安倍城跡

増善寺の裏山には、南北朝時代に狩野氏によって築かれたとされる、標高435.2mの山の頂に築かれた安倍城跡がある。登山道としては、ここよりも「洞慶院」からのハイキングコースが一般的で、三十三の石仏巡りをしながら山頂の城跡まで行くことができる。