富士市観光ガイド須津川渓谷

伊豆・駿河観光ガイド 『駿河湾★百景』のホームページ 伊豆・駿河の100景を検索する

Vol . 89

須津川渓谷

Fuji

富士

4 つ星評価

Sudogawa Valley

須津川渓谷

Presented By 星★聖

須津川渓谷(富士)

瓜木崎のページです 静岡名物のうまい店のご紹介です 静岡県のゴルフ場のご紹介です 国内宿泊予約のページです 伊豆の温泉宿ランキングです 蓬莱橋ぼんぼり祭りのページです
須津川渓谷をご覧の皆様へ

須津川渓谷とは?

静岡県富士市を流れる須津川の中上流に開ける、愛鷹山系随一の美しさを誇る渓谷。中でも「大棚の滝」や「須津渓谷橋」「須津山休養林キャンプ場」があるエリアは一番の人気スポットで、渓谷美を堪能しながらの散策が楽しめる。また11月下旬からの紅葉シーズンの渓谷の美しさはピカイチで、当初は穴場的紅葉スポットだったが、現在では県内有数の紅葉の名所として多くの観光客が訪れるまでになっている。

この時期がおすすめ!

1月  2月  3月  4月  5月新緑 6月  7月野営 8月野営 9月  10月  11月紅葉 12月紅葉

名  称須津川渓谷

ふりがなすどがわけいこく

ローマ字Sudogawa Valley


地  区富士市(Fuji City)

住  所富士市比奈

お問合せ0545-55-2777(富士市 観光課)


参考HP富士山観光交流ビューロー

するナビ富士市の観光スポット


総  評

大自然の中、高低差を伴う渓谷というダイナミックなロケーションと、その美しさ、吊り橋や滝・キャンプ場などを巡る散策路の楽しさ、そしてそれらが非常にコンパクトに集約され、環境整備も行き届いている点を評価した。新緑シーズンや夏場のキャンプシーズンもおすすめだが、紅葉時以外は、☆1つ下がる感じだ。


山・渓谷・峠・森林


紅葉の名所

須津川渓谷のPR

須津川渓谷の評価

須津川渓谷の評価グラフです
星★聖のここがポイント!

須津渓谷橋から眼下の景色を楽しもう!

須津渓谷橋より見下ろす紅葉の美しさは、両側ともピカイチだよ!

キャンプ場内の散策も忘れずに!

キャンプ場内の紅葉は、落葉し始めのしっとりした時が、趣が増しておすすめだよ!

ぐるっと林間遊歩道を一周してみよう!

周遊路となっている林間遊歩道は、先に山道から巡った方が楽しいよ!

須津川渓谷 編

国内旅行業務管理者&温泉マイスター 星★聖(ほし たかし)の署名画像です 星★聖

須津川渓谷の地図

この宿がおすすめ

須津川渓谷の見所

須津川渓谷 案内図

林業の活性化を目指し、森林の育成と保養事業をうまく融合しながら整備事業がスタートしたのが昭和の時代。林業の方は?だが、この須津川渓谷が、静岡県を代表する紅葉スポットの1つに数えられるようになったことは間違いない。個人的には、県内で最も好きな紅葉スポットだ。

大棚の滝駐車場

いくつか駐車場があるが、近年は結構混み合う時期も!昔は紅葉独り占めだったのに・・・。ここですでに美しさに惹かれるはず!

落石防護トンネル

大棚の滝の駐車場からは、須津渓谷橋の下をくぐり、右手に滝を見つつ、落石防護トンネルのある林道を進む。

天空に架かる橋

はじめてこの須津渓谷橋を見た時には驚いた。こんな山奥にこんな橋が・・・と。通常の視界の外に架かる橋で、まさに天空に架かる橋だ!

須津渓谷橋からの眺め

大棚の滝を見下ろすと、赤色・橙色・黄色・山吹色と様々な色合いの紅葉が楽しめ、さらに何種類もの緑がキャンバスを埋めている。

プチいろは坂

須津川渓谷へのアクセス路である南側の眺め。眼下に須津川が流れ、水分たっぷりの色鮮やかな紅葉が楽しめる。この美しさはなかなか言葉では表現できない。つづら折りになった道の眺めは、さながら”プチいろは坂”といった感じだ。遠景で見る日光のいろは坂も、こんな感じだったような・・・

滝入口

林道にある滝入口の看板の横の階段を下ると、いよいよ滝が迫ってくる。川面が近づくにつれ、漂う空気も変わってくる。

滝見橋

全長33mの吊り橋となっている滝見橋。その名の通り、橋の中央からは、正面に大棚の滝が望める。一度に10人以上は渡らないこと!

大棚の滝

落差21mの大棚の滝。遊歩道を外れ滝壺へと足を進めると、迫力のある眺めが楽しめる。水温は20℃以下なので、夏は水遊びが楽しい。

林間遊歩道

周遊路となっている林間遊歩道。最後に楽しみが訪れるように、先に山道の1.4kmを歩こう。自然の声に耳を傾け都会の喧噪を忘れよう。

モナコGP

途中にヘアピンカーブが連続する場所があり、歩いていて思わずF1のモナコグランプリのロウズヘアピンが頭をよぎった。感じが似ている。

クマ出没注意!

山の中を歩いていると、あちこちにクマ出没注意の看板が!近年は洒落にならないので本当に気をつけよう。最低限、鈴は身につけよう!

棚上橋

遊歩道を抜け、林道中里線に出てキャンプ場方面に戻りつつ進むと、棚上橋が見えてくる。ここまで来れば、あとはお楽しみのみ!

異なる雰囲気が良い感じ

棚上橋の辺りは色合いが黄色っぽく、独特の雰囲気が漂う。小さな滝もあり、しばし佇みながら楽しみたい。

大棚荘

須津山休養林キャンプ場内にある大棚荘。キャンプは、4~11月まで楽しめる。奥には炊飯棟もあり、広場やキャンプサイトなどもある。

須津山休養林キャンプ場

須津渓谷橋からの眺めとともに、須津川渓谷の紅葉の楽しみのひとつがこのキャンプ場散策。

大自然からの贈り物

こういう光景に出逢えるから、自然と向き合うのは楽しい。何気に足を進める中で、偶然訪れるシャッターチャンスであり、狙って巡り逢えるものではない。その時の天候や光の当たり方、色づき方、見る角度によっても全く別物となだけに、うまく写真に収められた時は嬉しいものだ。

落葉時がおすすめ

最盛期の紅葉も美しいが、キャンプ場内は落葉時がおすすめ。落葉がまるで空気を赤く染めるかのように、景色全体を色づかせている。

東屋

お弁当といかなくとも、ゆっくり紅葉を眺めつつ、珈琲でも楽しみたい感じ。かなり広くしっかりした東屋だ。

雨上がりの紅葉は最高!

川沿いでしっとりした紅葉は美しく、雨上がりだと最高だ!落葉時の平日は、自然な音以外何も聞こえない中で、紅葉狩りがほぼ独占状態で楽しめる。京都の人混みに揉まれながらの紅葉狩りより数倍癒やされる。有名スポットを制覇するのも楽しが、地元の隠れた名所もいいぞ!

須津川渓谷のPR