早咲き桜

美和桜

寒さは残りつつも、静岡は春真っ盛りという感じで、昨日も「桜まつり」があちこちで開催されました。

河津桜が注目されてからというもの、静岡のお花見スポットの中でも、県内各地の早咲き桜にスポットが当たるようになり、あたみ桜土肥桜かんなみ桜など、伊豆半島ではあちこちで早咲き桜を見に、県内外から多くの見物客が訪れるようになりました。

今やお花見シーズンと言えば、ソメイヨシノの4月よりもこの時期なのでは・・・と思ってしまうほど、静岡の早咲き桜は存在感があります。

この流れは伊豆だけではなく県中部でも起きており、美和桜山の手桜島田帯桜・・・と、こちらも早咲きの桜がジワリジワリと注目を浴びだしている感じです。

裏返せば、身近にある美しいものに目が向けられるようになっているわけで、観光資源の掘り起こしという観点だけでなく、日々の生活をより楽しむということにおいても、とても喜ばしいことだと思います。

早咲き桜越しの富士山

わたしも先日、この時期に一度は通るようにしている道を走ってきました。

家から15分足らずのただの山道なのですが、この途中桜越しの富士山が美しい場所があり、年一回は訪れています。

普段はただ通り過ぎるだけの何でも無い場所が、この時期だけは絶景スポットに変わります。

みなさんの身近な所にも、まだまだ素晴らしい光景が眠っているのでは・・・