猿舞を見に行こう!

東京では、すでにソメイヨシノが満開とのことですが、静岡ではやっと開花・・・と思ったら、一気に満開へと進んでいるようですね。

今週末は、あちこちの静岡のお花見スポットで、お花見が楽しめそうですね!

さてそんな桜の季節の8日土曜日に、島田市にて「東光寺日吉神社 猿舞」の奉納行事が執り行われます。

静岡県の無形民族文化財に指定されている舞で、雄雌の猿の面を被った2人の子供が、笛と太鼓の音色に乗せて舞を奉納します。

面を被ったことがある方はおわかりかと思いますが、足下が見えないため、乱舞と違って限られたスペースで正確に舞を踊るには、畳とござの段差を頼りに足を滑らせ場所を確認するなど、外から見たのではわからない苦労があるようです。

今年はどんな舞をみせてくれるのか、楽しみですね!

猿舞の面

ちなみに猿舞の面をじっくり見たい方は、「島田市博物館」へ足を運んでみてください!