野球にソフト!

今回の五輪で、野球とソフトボールが終わり・・・というのは、日本人にとっても、個人的にも本当に残念です。

ここのところの試合をみていると、尚更その思いが強くなるのですが、ヨーロッパに根付かないスポーツだけに、やはり環太平洋だけの大会のイメージが強く、難しいのもわかります。

順当とはいえないまでも、それぞれ最後の大会での金メダルが狙えるところまできていますので、なんとか頑張ってほしいものです。

特に、ソフトボールは最終戦も上野選手が投げるのか?ですが、もし3連投となるならば、なんとか打線が奮起してほしいものです。

昨日の300球を超える投球は、高校野球で連投するエースやかつての稲尾投手ばりの活躍であり、鬼気迫るものがあり、見ていて心臓に悪いながら、さすが五輪!という試合でした。

決勝戦も、オリンピックらしい、完全燃焼できる試合が行われることを期待します!

イマイチ熱くなっていない「星野ジャパン」も、見習って頑張ってほしいです!