男の隠れ家

今日の話題は、現在書店に並んでいる「男の隠れ家」についてです。

今回の企画である「昔町迷宮」!

若い方にはなかなか興味がわかない内容かもしれませんが、リタイア組をはじめとした年配層には、これからのシーズンうってつけの特集に思えます。

わたしも旧街道や城下町など昔の町並みを歩くのが大好きなのですが、定番の「妻籠宿」や「関宿」などとともに、高知の「吉良川」なども紹介されており、なかなか興味深い選択です。

昨年わたしもこの「吉良川」の町を歩きましたが、20代の頃には、何一つ面白いものは無く感じた町並みが、歳を重ね今ではとても興味深く思えました。

日本の伝統文化や郷土品、地域産業など、年々知識が増えるたびに、面白く感じる町が増えてきており、旅を続けることの面白みも増している感じです。

反面、10代にプラプラしていた「新宿」や「渋谷」へは、足が向かなくなっており、自分でも自分の変わりようが面白く感じます。

歳とともに興味を持つことが変わっていくのは当然のことですが、だから人生は面白い!とも思えます。

ともあれ、わたしもこの「男の隠れ家」を購入し、昔訪れた町を懐かしんだり、知らなかった町への旅を計画中です。

みなさんもちょっと読んでみてください!