サラ vs 沙羅 対決の行方は?

深夜に行われたノルディックスキーの世界選手権ジャンプ女子に、先日ワールドカップで王者となった高梨沙羅選手が登場!

1本目はラストに飛び104.5mで2位につけると、2本目も103mの大ジャンプで暫定トップに。最後に飛ぶ昨年のワールドカップ王者サラ・ヘンドリクソンにプレッシャーをかけました。

ラストに飛んだヘンドリクソンも103mのジャンプでしたが、風によるマイナスポイントが高梨選手よりも大きかったので、どうかな?と一瞬期待しましたが、やはり1本目の差が大きく、惜しくも逆転には至りませんでした。

それでも堂々の銀メダル!三冠こそ逃しましたが、本当に凄いですよね。

練習ではタイミングがイマイチでしたので、どうかな?と思いましたが、本番のジャンプは本人も納得の大ジャンプ。

課題は本人も口にしているようにテレマーク姿勢がとれるかどうか。今回もその差がポイント差へとつながったところもあり、オリンピックに向けての伸び代といったところですね。

テレマークが決まるようになったら、まさに鬼に金棒!