西行桜 or まだまだ義清桜?

西行桜

お花見というと、川沿いの桜並木や、公園内のあちこちに花を咲かせる桜をイメージしますが、ここ数年気になりだしたのが一本桜。

日本全国には、一本桜の名木があちこちに点在していますが、歳をとったせいか?、風流が少し理解できる歳になったのか?、ここのところ毎年春になると一本桜を見に出かける機会が増えました。

今年も一本桜を見に行こうと思っていますが、今日ご紹介するのは、京都の「勝持寺」にある「西行桜」です。

三代目の「西行桜」ということで、まだまだ若く一本桜としての貫禄は少なく、言ってみれば「義清桜」という感じですが、それでも同じくらいの樹齢の木に比べれば、その存在感は光るものがあります。

勝持寺」自体桜の名所となっていますので、是非とも京都市街地だけでなく、大原野の方へも足を伸ばしてみてください!