元気が出てきた!松崎町

松崎町

連日暑い日が続いていますが、そんな中、4月以来となりますか・・・、松崎町へと行ってきました。

個人的に、伊豆で最も愛する町であり、最もユニークな観光資源に恵まれた場所だと思っているのですが、ここ何年か景気の影響を受けてか、町全体が色あせてきた感があり心配していました。

4月に訪れた際にも、そんな印象を持っていたのですが、今回は少し明るい兆しを感じました。

花とロマンの里を謳う町の至る所にある花壇には、色鮮やかな草花が咲き、個人宅の庭も、どことなく元気な感じに!

そして色褪せた建築物の塗装も塗り替えられた場所が出てきて、全体的に町がきれいになり、幾分活気が出てきたように思えました。

希望としては、「時計塔」を早く塗り替えて欲しいですね~

海水浴で訪れる人を除けば、平日の観光客の数は本当に数えるほどといった印象ですが、この町が元気になれば、通過点となる西伊豆町や土肥なども賑わうわけで、西伊豆の観光促進策は、ここに集中しても面白いのでは・・・と思っています。

歩いて廻れる範囲に、見所が集約されているのも魅力的ですし、観光スポット以外にも、橋や小径などの景観が楽しめるのがいいです。

そしてドラマのロケ地としても知られるところであり、セカチューとんびなどの舞台として登場した場所が、町の至る所に点在しています。そんなドラマの舞台を巡るのも、松崎の散策の楽しみです。

気になるのが、観光客の少なさから、無料開放となっている施設がいくつかあるのですが、逆に無料だから「大したことない・・・」と思われ客足が遠のいている気もします。

観光スポットの中には、高い拝観料をとられガッカリするケースも多々ありますが、「伊豆文邸」などは、他の観光地へ行けば300円くらい払ってもいい感じであり、無料なのでサービスも悪くなり・・・など、悪循環になっている気がします。

面白いもので、無料はもちろん、50円や100円では、舐めて来ない人は多いんですよね~、それだけの価値しか無いと思い、スルーしてしまいがちなわけです。

それに「ナシミエントの塔」などの外尾悦郎さんの作品などは、全国的に見ても貴重なのですが、イマイチ浸透していないですね。

「あの世界遺産サグラダ・ファミリアの主任彫刻家の・・・」とか、「ダバダ~のネスカフェゴールドブレンドのCMの・・・」と言えば、年配者の中には食いつく人も結構いるのでは・・・と思っているのですが、残念ながらすぐ横を通りながら、見向きもしない人がほとんどです。

もっともっとアピールして、観光資源化しないといけないな!と改めて思いました。

牛原山

久し振りに、一通りグルッと廻ってきましたが、やはり牛原山の展望台からの眺めは、いつ来ても最高ですね!

ただセカチューで「あじさいの丘」として知られるあずまやの方は問題ないのですが、だいぶ錆が目立ってきた展望台の方は、強風にあおられていたせいか、若干不安な感じが・・・

牛原山展望台

全国各地を巡っていると、ある日突然消える・行けなくなる観光スポットを、チラホラ目にしていますが、ここももしや・・・、上れるうちに・・・なんて考えが、ふと頭をよぎりました。

町の見え方が全く違うので、上れるうちに・・・!

来月のラジオの放送の中では、松崎町の偉人の話もしようと思っています・・・