牛代の水目桜

牛代のみずめ桜

昨日の続きで、今日は島田市川根にある一本桜をご紹介します。

山奥の茶畑の中にポツンと立つ江戸彼岸の一本桜で、「塩本牛代の江戸彼岸」と言っていましたが、最近では「牛代のみずめ桜」と呼ばれています。

牛代のみずめ桜

地元では、テレビや新聞で話題となったため、この日も次から次へと見物客が訪れていて、警察まで様子見に来ていました。

とにかく素晴らしいロケーションに立っており、この桜を見ると、山梨の「わに塚の桜」を思い出します。

家山の駅からもそこそこ距離があることから、ウォーキング目的で無いとなかなか歩いて行くには大変ですが、この季節なら自然に触れながら歩いて行くのも良いかも知れませんね!