奇跡の大逆転!ペイトリオッツ

毎回素晴らしいゲームとなるスーパーボウルですが、今年は史上初の延長戦、そして史上最大の大逆転劇となりました。

このブログでも何回か書いていますが、QBのブレイディのプレーに魅せられてから、かれこれ15年ペイトリオッツを応援していますが、今日ほどの試合は・・・

ペイトリオッツファンで良かった・・・と。

今までもスーパーボウルでの奇跡的なプレーは数々ありましたが、今日の第4Qのチームの勢いは神がかっていました。

序盤からチグハグなプレーばかりで、全く良いところが無く、ハーフタイムの頃には、せっかくのスーパーボウルがワンサイドゲームで台無しだぁ~なんて声まで聞こえていましたが、相手のちょっとしたミスでリズムを掴んでからの後半のペイトリオッツの勢いはすさまじかったです。

いつの間にかテンポの良いブレイディのリズムで試合が進んでいくと、オモシロいようにチームが回転しだし、確率の低い2ポイントコンバージョンを2回も連続で成功させると、あれよあれよと土壇場で追いつき、そのまま延長戦であっさり勝利!

後半に入っても3-28とあまりにも点差があったのが、ファルコンズに油断を生じさせたのかも知れませんが、2ポイントコンバージョンを2回決め、しかも相手にフィールドゴールを蹴らせないで第4Qは完全にシャットアウトするなんて、絵に描いた餅のような作戦がこんなにも思い通りに展開するとは・・・

ブレイディは、パス62回中43回成功で、なんと466ヤードを稼ぎ、5度目のチャンピオンになるとともに、4度目のMVPに!

モンタナの記録も抜き、名実ともに歴代No.1のQBとなった感じです。