線状降水帯の猛威!

台風でなくても、これだけの被害をもたらす線状降水帯

年々異常気象がもはや異常ではなくなってきていますが、今年もまた想定外の自然災害が起きています。

青の洞門

九州をはじめ岐阜や長野でも、河川の氾濫など多くの被害が報じられていて、テレビの報道を見ていて全国の観光地温泉地が登場するたびに、大丈夫かな…と心配になります。

国宝の「富貴寺」は? 大分の耶馬渓の「青の洞門」は…と、過去に被害があった所は尚更気になります。

またただでさえ新型コロナウイルスにより破綻に追い込まれている温泉旅館も散見されるだけに、この時期の災害はさらに経営を圧迫しかねないので心配です。

今回は九州屈指の温泉地である、「黒川温泉」や「由布院温泉」などにも被害が出ているようで、あの宿は大丈夫かな?あそこは…と、想い出の宿などの情報が気になります。

また昨日は、マスコミ各局が「下呂温泉」からの中継を繰り返していて、こちらも心配になりました。

飛水峡

飛水峡などで知られる飛騨川ですが、下呂大橋近くの名物の噴泉池混浴露天風呂は、すっかり川底へと消えていて、見ていてツライ映像でした。

幸い温泉街近くでは氾濫は無かったようですが、まだまだしばらく予断を許さない状況ですね。

新型コロナウイルスもそうですが、自然災害も人間がコントロールできるものではないので、一日も早く終息して平穏な日常が戻ることを祈るしかないです…