年内最後の合格祈願に!

日限地蔵尊

今年も残すところ10日となり、クリスマスを前に大掃除に入っている方も多いのでは。 一方受験生は、コロナ禍で本番を迎えるわけで、精神面でもキツイ時期ですが、合格祈願スポットとして知られる、島田市の「日限地蔵尊」の年内最後の祈祷日が、26日(土)に迫っています。 気になりつつもまだ合格祈願を済ませていない方は、改称された「合格駅」や、新名所の「KADODE OO …

続きを読む>

江戸時代に人気だった温泉地は?

露天風呂

江戸時代に人気だった温泉地はどこ? 江戸時代の寛政年間より登場した、大相撲の番付を模した温泉番付! 『諸国温泉鑑』や『諸国温泉功能鑑』などが今も残されていますが、そこに登場する温泉地を眺めていると、今も変わらず人気の温泉地もあれば、鄙びた温泉地になった所、秘湯と化した所も・・・ 温泉番付順に、日本全国を旅してみるのもいいですね!

続きを読む>

将軍家の献上湯? 太閤石風呂があるのはドコ?

箱根温泉郷

「箱根の温泉宿ランキング」がリニューアルされました。 箱根七湯、そして箱根十七湯と、エリアごとの観光資源としての魅力もさることながら、その誕生の歴史も泉質も異なる、とてもユニークな温泉地です。 ひと言で「箱根」「箱根温泉郷」と括ってしまうと、その魅力になかなか気づけなかったりしますが、是非ひとつひとつの温泉地にスポットを当てながら、箱根への旅の計画をしてみて …

続きを読む>

落葉時が美しい紅葉スポット!

須津川渓谷

12月を迎え、今年の紅葉も徐々に見納めに…という感じですが、まだまだこれから見頃となる所や、落葉時にかけてが美しい紅葉スポットもあります。 そんな中の一つが、富士市の観光スポットである「須津川渓谷」です。 ここ数年は、バンジージャンプでも知られる所ですが、雨上がりの翌朝に訪れると、とても色鮮やかで美しい紅葉が見られます。 日の当たり方も含め、紅葉の美しさは自 …

続きを読む>

受験生に心強い「合格駅」が誕生!

旧五和駅

受験生に心強い「合格駅」が誕生! 以前から合格駅の看板を掲げ「静岡県の合格祈願スポット」の1つだった大井川鐵道の「五和駅」が、本日晴れて「合格駅」に改称されました。 今日、観光施設の「KADODE OOIGAWA」がオープンするにあたり、大井川鐵道に35年ぶりに新駅「門出駅」が誕生したのですが、それに伴い隣駅となる五和駅の看板のかけ替え作業が発生し、受験に「 …

続きを読む>

もみじ祭りが始まるよん!

熱海梅園もみじまつり

だんだんと静岡も寒さが増してきて、街行く人々の服装も冬らしくなってきましたが、14日(土)より、いよいよ「熱海梅園もみじまつり」が始まります。 今年は台風が少なかったこともあり、木々に葉が多く残っていて、紅葉狩りにはよい年のようです。 一方で再びコロナの感染拡大が騒がれていますので、首都圏に近く影響を受けやすい熱海市なので、祭り期間中に思わぬ自粛等が行われる …

続きを読む>

コロナ禍で重宝!ネットで雑誌読み放題!

雑誌

最近の話題のスポットはどこなのかなぁ~とか、漠然とどこへ行こうかなぁ~という時などに、本屋に立ち寄って「サライ」や「一個人」などの雑誌を眺めたりしていたのですが、コロナ禍で足が遠のき、すっかりご無沙汰に。 そんな時に「楽天マガジン」を知り、今さらながら便利な時代に・・・と。 個人的にネットだとそもそも見る気が無い雑誌や本は検索することも無く、その存在に気づか …

続きを読む>

おうちde「ふるさと納税」の返礼品探し…

静岡県のふるさと納税

昨日より、静岡にドラマ『MIU404』に登場して話題となった、「まるごとメロンパン号」がやってきて、ちょっとしたGoTo状態になっています。 地方キャラバンとして全国を巡る企画の一環で来ているのですが、昨日の「SBS社屋前」を皮切りに、今日が「ツインメッセ静岡」、明日が「SBSマイホームセンター藤枝展示場」、以下14日水曜日まで「イオンモール浜松市野」「三島 …

続きを読む>

世界一長い木造歩道橋で名月を!

名月

昨晩が「中秋の名月」で、今晩が「満月」となりますが、みなさんがお住みの地区では、お月見が楽しめましたか? なかなかゆっくりと夜空を見上げる機会はそうないものですが、今年は広範囲できれいなお月さまが眺められたようで、久し振りにゆっくりと眺めた方も多かったのでは… そんな名月を望むイベントが、明日3日土曜日に、島田市の「蓬莱橋」で行われる予定です。 時間のある方 …

続きを読む>

GoToトラベルで上毛三名湯へ!

草津温泉

国土交通省の「GoToトラベルキャンペーン」に続き、農林水産省の「GoToイートキャンペーン」、10月中旬以降に経済産業省の「Gotoイベントキャンペーン」、そして中小企業庁の「GoTo商店街キャンペーン」が始まる予定で、次々と地域経済の活性化・需要喚起を目論むGoToキャンペーンの施策が打ち出されていますが、ここにも縦割り行政によるわかりにくさが垣間見えま …

続きを読む>