サムライ・ジャパン

原監督率いる「サムライ・ジャパン」のWBCを戦うメンバーが絞られてきて、徐々にどんなチームづくりを行うのかが見えてきた。 先日イチロー選手がチームリーダーに留まらず、コーチまでも兼任すると発表があったが、監督相談役であるはずの王さんが、選考メンバー発表前に、何も知らされていなかった・・・ということも踏まえ、どうやら今までの流れをたち切り、チームカラーを180 …

続きを読む>

スポーツ界を直撃!

「ホンダ」が電撃的にF1から撤退するニュースが流れて以来、スポーツ界から姿を消していく企業の名前が相継ぐ。 中でも「やはり・・」という感じはしつつも驚きだったのが、女子サッカーチームの「TASAKI」こと「田崎真珠」と、アメフトの名門チーム「オンワードオークス」の「オンワード樫山」である。 特に「オンワードオークス」は、今年「オンワードスカイラークス」から、 …

続きを読む>

「男の隠れ家」が・・・

昨今の経済情勢から、あたり前のことながら温泉旅行へ行く人が激減している。 打撃はあるものの、生活スタイルを変えるほどではない・・・という、ごく一部の人間が利用する高級旅館や、節約に走る人がシフトしてきた地域で最安値に近い温泉旅館を除き、今まで庶民がちょっと背伸びをして泊っていた中の上クラスの旅館が厳しいようだ。 年に1回くらいは・・とか、記念日に・・など、楽 …

続きを読む>

週刊ダイヤモンドの記事!

今週の週刊「ダイヤモンド」に、富士山静岡空港の立ち木問題の真相が暴露されている。 中吊り広告でもデカデカと都市経済特集として、「空港開港延期の真の”障害物” 知事の品格と政治責任」として、目立つ横書きで出ている。 以前このブログでもお話したが、例の立ち木問題について、なんで静岡の人間が騒がないのか?責任追及が甘いのでは・・・とする実態が、静岡県、特に中部地区 …

続きを読む>

日本人として・・

天気予報の時に「今日は〇○で・・」と、よく暦上の節句や節気を紹介していますが、生まれてこの・、毎年のように、もう何十回も聞いているのに、全くもって続造ていない。 節気はおろか五節句すら「端午」「七夕」はわかっても、「重陽」の節句は言葉は知っていても、9月9日という正確な日付は出てこないし、1月7日や3月3日は節句だとわかっても、「人日」「上巳」の言葉が出てこ …

続きを読む>

ペイトリオッツ

昨日は早稲田が勝ちほっとしましたが、今日もちょっとマニアックなスポーツネタを。 日本ではほとんど人気のないスポーツなのですが、NFLのお話。 「ニューイングランド・ペイトリオッツ」ファンのわたしは、今期もペイトリオッツを応援しているのですが、中心選手のQBのトム・ブレイディが負傷し苦しい展開となっています。 ビル・ベリチック ヘッドコーチは、常々「うちは個人 …

続きを読む>

東京六大学野球「早明戦」

最近野球が面白い! メジャーやプロ野球も面白いが、今一番面白いのが東京六大学野球の早稲田の戦いぶりだ! 先の法政戦では、通常は土日で終わる戦いが水曜日までもつれ、1敗1分からの延長14回の死闘を制し2連勝で逆転で勝ち点をあげたが、中2日で迎えた先週末からの明治戦がまたもつれている。 土曜日にわずか2安打で3点という、ワンチャンスでからくも勝利をものにした早稲 …

続きを読む>

大阪人

みのさん司会の人気番組「秘密のケンミンSHOW」で、毎回話題となる「大阪人」。 ボケ・ツッコミのノリの良さや温かい気質が取りざたされていますが、そんな大阪人が知らない「大阪」を発見しよう!というのが、この雑誌「大阪人」です。 県外の人はもちろんのこと、大阪在住の方、大阪出身の方でもなかなか気づいていない大阪の魅力的な部分を、毎回絞ってとことん掘り下げている雑 …

続きを読む>

自遊人「湯街へ、共同湯へ。」

以前に、わたしが毎回読んでいる雑誌として「自遊人」をご紹介しましたが、今回の企画は「湯街へ、共同湯へ。」ということで、手軽に楽しめる共同浴場などが紹介されています。 これから寒くなっていくと、旅先で気軽に入れる温泉などを知っていると、ちょっとした時間を有効に使え、旅が楽しくなるものですが、今回の取材も「自遊人」ならではのこだわりが感じられ、いい感じの一冊にな …

続きを読む>

温泉博士

  Amazon.co.jp ウィジェット 今日ご紹介するのは、とてもマニアックな温泉雑誌です。一般的な書店には置いていないことも多いのですが、実にシンプルな雑誌ながら内容は充実! 特に450円という価格が魅力的なうえに「温泉手形」付き! 全国の温泉地の、話題の宿の露天風呂にまで、この温泉手形で入れてしまうことも・・・ 一ヵ所行けばすぐにペイしてし …

続きを読む>