自遊人「美味しい宿」大賞

今日は、またまた機会あるごとにこのブログで採り上げている、わたしの愛読雑誌である「自遊人」の11月号についてのお話です。 今までも数々の企画にうなりましたが、今回は覆面取材からの企画で、「美味しい宿」の特集です。 全134軒が紹介されているわけですが、コメントにもありましたが、旅館の格付けやランキングというと、決まってクレームをつけてくる旅館があります。 時 …

続きを読む>

トヨタ VS フォルクスワーゲン

先日、ドイツのVW(フォルクスワーゲン)が、同じくドイツのポルシェを買収するとの発表があった。 昨年よりすすめられていた統合計画の一環としてのものだが、つい先日までポルシェの方が、VWを傘下に収める流れであったため、アレッ?という感じだった。 どうやら持ち株比率を75%にすべく、VW株の買い増しを進めていたポルシェが、リーマンショック以後の世界経済の流れの中 …

続きを読む>

フジドリームエアライン × 自遊人

今日は、機会あるごとにこのブログで採り上げている、わたしの愛読雑誌である「自遊人」の最新号についてのお話と、地元静岡の新しい航空会社についてお話します。 まずは、「自遊人」の最新号について。 ついにやってきました、覆面取材の総仕上げ・・・という感じで、全国の温泉旅館をメッタ切り!という感じの結果が! 他の雑誌でも毎回のように登場する老舗の旅館もあれば、アレ? …

続きを読む>

いいのかこれで!運転免許証

昨日から、「高齢者運転対策の推進」として、75歳以上の者が自動車免許の更新時の高齢者講習を受ける前に、「認知機能検査」を受けることが義務付けられた。 正式には「講習予備検査」というようだが、その内容は、 ①今の年、月、日、曜日、時間をお聞きします。 Q.今年は何年ですか? Q.今は何月ですか? Q.今日は何日ですか? Q.今日は何曜日ですか? Q.今は何時何 …

続きを読む>

ETC割引が問題を生む!

懸念していたとおり、案の定無駄な税金を投じて給付金詐欺防止の総務省のテレビCMが流れ出す中、GWも終盤となり、今日からUターンラッシュが本格化するようだが、思いつきのETC地方1000円の歪が、あちこちで表面化している。 4月から、讃岐うどんを食べに四国を訪れる方が増えているという報道がかなりされていたが、わたしも大好きな「山越」の釜玉には、連日3時間待ちの …

続きを読む>

F1レギュレーションに、ついにメスが!

前回、新型インフルエンザについて話したが、あれからフェーズ5となり、いよいよ日本にも疑わしき帰国者がちょこちょこ出てきた。 昨日までの2人については、検査の結果感染していないことが判明したが、これからGW終盤にかけて、続々と帰国ラッシュがはじまるわけで、韓国に続き、もはや日本上陸も時間の問題・・・という感じになってきた。 その特性からして、梅雨入りまでの間は …

続きを読む>

市場メシ、港ごはん。

今日は、機会あるごとにこのブログで採り上げている、わたしの愛読雑誌である「自遊人」の最新号についてのお話。 今回の企画は、わたしの旅の楽しみのひとつでもある、港町で地元のお魚をいただく!というものである。 毎年のように、このような企画は繰り返され、さらにはライバル雑誌でも、入れ替わり立ち替わり同じような特集が組まれているのだが、それでも美味しいお店や、そこで …

続きを読む>

インサイト VS 新型プリウス 続編

前回、「インサイト VS プリウス」と題して記事を書いたが、「インサイト」と「プリウス」の2車そのものについて、詳しく述べる時間がなかったので、今日はそれについて述べたい。 前回書いた、例のトヨタの緊急試作車試乗会と緊急値下げ!を受けて、ここにきて発売中の自動車雑誌では、新型「プリウス」が凄い!と持ち上げる内容の記事が急増しているが、わたしはちょっと違う見方 …

続きを読む>

インサイト VS プリウス

年明けに、ホンダの企業としての決断の速さと、ハイブリッド車、エネルギー革命について書いたが、あの時、ホンダのハイブリッド車「インサイト」について、 『・・・時代が時代だけに、売れるかどうかは?だが、そんなことよりこの車が世の中に与えるインパクトは非常に大きい。おそらく「プリウス」はハイブリッド車として特別な車という位置づけを持っていた人達に、ハイブリッド車は …

続きを読む>

WBC 舞台は整った!

連日WBCの話題ですが、ここまできたら書き続けます。 昨日準決勝・決勝を睨み、スタメン温存について触れたが、今日は日本も韓国もピッチャーは温存、野手はそれなりに・・という感じだった。 日本にとっては、終盤に韓国に点差をつけて勝つことができ、チームも上り調子で盛り上がったまま、ロスへと行くことができ、何はともあれ最高のカタチで、アメリカ戦を迎えることとなった。 …

続きを読む>