ジャンプ混合団体で金メダル!

WBCのオーストラリアとの2試合の壮行試合では、やっと打線に火がつきはじめ、明るい兆しが出てきましたが、深夜に行われたノルディックスキー世界選手権ジャンプ混合団体では、ついに日本が金メダル。しかも快勝でした。 出だしこそ下位発進でしたが、3人目の高梨沙羅選手の大ジャンプで一気にドイツとの差を詰めると、4人目の竹内択選手でトップに。2本目も4選手ともしっかりと …

続きを読む>

サラ vs 沙羅 対決の行方は?

深夜に行われたノルディックスキーの世界選手権ジャンプ女子に、先日ワールドカップで王者となった高梨沙羅選手が登場! 1本目はラストに飛び104.5mで2位につけると、2本目も103mの大ジャンプで暫定トップに。最後に飛ぶ昨年のワールドカップ王者サラ・ヘンドリクソンにプレッシャーをかけました。 ラストに飛んだヘンドリクソンも103mのジャンプでしたが、風によるマ …

続きを読む>

WBCメンバー決定!

WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の日本代表のメンバー28人が決定しました。予想通り、仕上がりが悪かった中日の浅尾選手や巨人の村田選手などが外れた感じで、特に番狂わせも無かったように思います。 ただ全体的には、テレビなどでも指摘されているように、選手の仕上がりに不安が残りますが、はじめからこれで行くと決めたメンバーですので、あれこれ言わずに日本人の …

続きを読む>

日本人初!ジャンプ競技でワールドカップ総合優勝

かれこれ3年前になりますか・・・、お姉さんジャンパーにまじって豪快なジャンプを見せる女の子、高梨沙羅選手の記事を書きましたが、その子が成長し、ついに日本人初のジャンプ競技でのワールドカップ総合優勝を決めました。 深夜にテレビでその模様を見ましたが、ひとりだけ別次元の空中飛行で、圧巻のジャンプでした。 大倉山で、141mの女子のバッケンレコードを記録した時以来 …

続きを読む>

ソチ五輪決定!一番乗り

やりました?女子アイスホッケー! 今日は序盤からデンマークをスピードで圧倒! パワープレーのチャンスを、きちんと得点に結び付けられ、はじめて安心して試合を見ていられました。 前回シャットアウトされた分まで爆発して、大量の5得点! 高校生トリオも活躍していたので、来年のソチ五輪の舞台では、メダルを期待したいですね。 それまでに○○ジャパンの愛称を決めないといけ …

続きを読む>

女子アイスホッケーの勝利を願い!

バレーにサッカー、フィギュアーにジャンプと、女子が男子をしのぐ活躍をしているスポーツは近年増えつつあるが、今晩ソチ五輪の出場をかけ、女子のアイスホッケーチームが決戦を迎える。 初戦のノルウェー戦を、0―3からのミラクルな大逆転で勝利した日本は、格上のスロバキア戦でも守り抜き、0-0のまま延長戦へ! 延長戦も両者点が入らず、サッカーでいうところのPK戦であるG …

続きを読む>

停電で激変!スーパーボウル

今年も凄い試合となりました。毎年のことながら、スーパーボウルでは何が起こるかわりませんが、今年もとんでもないことが起きました。 レイブンズが前半戦を大量リードで折り返し、後半早々にもリターンタッチダウンを決め28-6となり、ワンサイドゲームにチャンネルを切り替えた方も多かったのでは・・・と思います。3Qで22点差となれば、通常はインターセプトに気を付け、相手 …

続きを読む>

ペイトリオッツ、まさかの逆転負け!

今日は以前にもお話ししました、わたしの応援する「ペイトリオッツ」についての話題を! 一昨日、今シーズンを占う宿敵「コルツ」との一戦があったのですが、まさかまさかの終了間際の残り16秒からのタッチダウンパスで逆転負け! しかも34-35という一点差負け! 第4Qに入り、一時は31-14と大きく点差をつけてリードしていたので、余裕で眠りに入ってしまったのですが、 …

続きを読む>

F1レギュレーションに、ついにメスが!

前回、新型インフルエンザについて話したが、あれからフェーズ5となり、いよいよ日本にも疑わしき帰国者がちょこちょこ出てきた。 昨日までの2人については、検査の結果感染していないことが判明したが、これからGW終盤にかけて、続々と帰国ラッシュがはじまるわけで、韓国に続き、もはや日本上陸も時間の問題・・・という感じになってきた。 その特性からして、梅雨入りまでの間は …

続きを読む>

WBC 舞台は整った!

連日WBCの話題ですが、ここまできたら書き続けます。 昨日準決勝・決勝を睨み、スタメン温存について触れたが、今日は日本も韓国もピッチャーは温存、野手はそれなりに・・という感じだった。 日本にとっては、終盤に韓国に点差をつけて勝つことができ、チームも上り調子で盛り上がったまま、ロスへと行くことができ、何はともあれ最高のカタチで、アメリカ戦を迎えることとなった。 …

続きを読む>