今が見頃!静岡・伊豆のバラ園へ!

GWが明け、5月もあっという間に折り返しとなりましたが、この時期の楽しみはバラ! 島田市の「島田市ばらの丘公園」では、現在「島田ばらの丘フェスティバル」が開催されており、春バラが見頃となっています。 また河津町の「河津バガテル公園」も見頃が続いており、今週末にはライトアップナイト営業も行われます。 あの18世紀のフランスに舞い降りたかのようなの異国情緒たっぷ …

続きを読む>

伊豆でほっこり温泉旅を!

気温も下がりすっかり秋らしくなりましたが、お天気は雨交じりの日が続いていますね。 さて寒くなってくると、テレビや雑誌で騒がれ出すのが温泉! 今朝もおすすめの温泉旅館や露天風呂を紹介する番組が放送されていましたが、伊豆の温泉地もこれからどんどんと賑わいそうですね。 景気もやや回復傾向にあり、また交通アクセスの改善や魅力的な列車も登場したりで、首都圏からの旅行客 …

続きを読む>

今年はどこの豆まきに?

節分

毎年言っている気がしますが、やはり今年も1月は、あっと言う間に行ってしまう感じですね・・・ さて2月に入ると、いきなり中学受験の山場を迎えますが、世間的には節分ですね! 静岡でも今年も多くの神社仏閣で、節分祭・節分会が執り行われます。 大人になってからは、なかなか参加する機会もなく、長らくご無沙汰していましたが、この仕事をするようになってからは、ちょこちょこ …

続きを読む>

今年一年、ありがとうございました!

夏休み以降、今年は本当に忙しいまま、あっと言う間に大晦日になってしまったような感じでしたが、みなさんのおかげで今年も良い一年となりました。 年末年始のお天気のように、平穏無事のまま年越しができることを、素直にうれしく思います。 さて、静岡県では明日も晴天予報ということで、最高の初日の出が拝めそうですが、それもあってか「駿河湾NAVI」の「静岡・伊豆の初日の出 …

続きを読む>

入江長八・石山修武・外尾悦郎の3人で語る松崎!

ナシミエントの塔

昨日に続き、エリア別に観光地をご紹介していきますが、今日は「松崎町の観光スポット」です。 伊豆の観光活性化のために、どのエリアへ力を入れるべきか・・・と問われれば、わたしは「松崎町」と答えます。 有料道路の延伸や直通の特急列車などは、確かにアクセスがよくなり観光客が増えるように思えますが、観光地の局地化が進み、通過される所は急速に寂れ、また日帰り観光のエリア …

続きを読む>

伊豆国の二宮!

浅間神社

伊豆・駿河観光ガイド「駿河湾★百景」に、三島市にある「浅間神社」の記事をアップしました。 「富士山本宮浅間大社」や「静岡浅間神社」「冨士浅間神社」など、静岡県内にはたくさんの浅間神社があります。 「楽寿園」に隣接して建つこの三島の浅間神社も、そんな浅間神社の仲間のひとつですが、伊豆国の二宮の格付けで、「三嶋大社」の別宮としても人々に崇められてきました。 江戸 …

続きを読む>

女将のもちより雛と庭園特別鑑賞

女将のもちより雛

週末にかけて天気が崩れ、昨晩は時折激しい雨となりましたが、寒さは和らぎ、窓の景色は確実に春になってきました。 梅も見頃が過ぎ、早咲きの桜が葉桜へと変わっていき、ちょうどエアポケットのような感じの季節ですが、もう少しすればソメイヨシノが咲だし、一気に静岡もお花見シーズンに突入します。 そんな中、雛人形の見納め・・・ということで、日曜日まで開催されていた、伊豆の …

続きを読む>

「たき」じゃなくて「だる」!?

「たき」じゃなくて「だる」!? なんのこっちゃ~! これ「滝」の字の読み方についてです。 もちろん一般的な読み方のお話しではありません。 「河津七滝」についてのお話しです。 「河津七滝」は「かわづななだる」と読むのですが、これを「ななだる」とちゃんと読んでいる方でも、そのひとつである「かに滝」となると、「たき」と普通に読んでしまう方が意外に多いんです。 もち …

続きを読む>

どんつく祭で、新たな御神体が!

昨日はラジオの生放送後、天城越えをして、東伊豆の稲取温泉で開催されていた、伊豆三大奇祭のひとつである「どんつく祭」へと行ってきました。 今年は50周年という節目の祭りであったことから、なんと「どんつく神社」の御神体が、天城で育まれた大木によりパワーアップして生まれ変わりました。 男性のシンボルを象ったものということで、なかなかマスコミでは扱いにくい映像ですが …

続きを読む>

人の行く裏に道あり花の山

清恵荘

少し前になるのですが、熱海にある「財団法人新技術開発財団 植物研究園」が一般公開されている・・・ということで、行ってきました。 なんとも難しい名称となっているのですが、ここを訪れたかったのは、この場所がかつて「清恵荘」という、リコー三愛グループの創始者だった市村清・ユキエ夫妻の別荘だったからです。 「人の行く裏に道あり花の山」を座右の銘とした、常識に縛られな …

続きを読む>