「弱くても勝てます」に伊豆山神社が!

伊豆山神社

NTVで毎週土曜の夜9時から放送されている「弱くても勝てます ~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」。 超エリート進学校である小田原城徳高校の野球部のOBであり、新米教師であり、現在の野球部の監督でもある嵐の二宮くんが、キャッチボールもろくにできない野球部を勝利に導くストーリーですが、エリートならではの考え方で、徐々に自分たちの勝利の方程式が見えてきた感じで …

続きを読む>

侍ジャパン勝利の陰にこの男!

いやぁ?痺れました。侍ジャパンの戦い。 再三のチャンスに、あと一本が出ない苦しい戦いの中、なんとか粘り強く追いつき、延長戦の末の辛勝。凄かったです。 9回二死からの鳥谷選手のまさかの盗塁にも驚きましたが、それをきっちり返す、ベテラン井端選手も凄かったです。WBCでは、井端選手の右打ちやくさい球のカットなど、バットコントロールのうまさが光っています。 あと個人 …

続きを読む>

WBCメンバー決定!

WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の日本代表のメンバー28人が決定しました。予想通り、仕上がりが悪かった中日の浅尾選手や巨人の村田選手などが外れた感じで、特に番狂わせも無かったように思います。 ただ全体的には、テレビなどでも指摘されているように、選手の仕上がりに不安が残りますが、はじめからこれで行くと決めたメンバーですので、あれこれ言わずに日本人の …

続きを読む>

WBC 舞台は整った!

連日WBCの話題ですが、ここまできたら書き続けます。 昨日準決勝・決勝を睨み、スタメン温存について触れたが、今日は日本も韓国もピッチャーは温存、野手はそれなりに・・という感じだった。 日本にとっては、終盤に韓国に点差をつけて勝つことができ、チームも上り調子で盛り上がったまま、ロスへと行くことができ、何はともあれ最高のカタチで、アメリカ戦を迎えることとなった。 …

続きを読む>

イチローが笑った!

ここ2日、WBCの記事を続けてきたが、今日も書きます。 予想通りキューバを撃破! 普通に試合をすれば、まず100%勝てる相手だっただけに、今日は安心して観ていられた。 序盤は、昨日からの重い雰囲気の中、イチローのセカンドゴロ、青木の牽制アウトと、攻撃は嫌なムードが漂っていた。 しかしながら岩隈がいつもどおりのピッチングが出来ていたので、試合としては日本がいつ …

続きを読む>

WBC サムライ・ジャパン!続編

昨日に続いての投稿だが、どうしても書かずにはいられない、日本の完敗! わたしの憂さ晴らしに付き合ってくれる方は読んでください! 今日は、前回の1-0の試合以上に、選手もベンチもすべてにおいて完敗だった。 特に今日は監督采配の差がすべてであり、初回でというか、先頭打者で試合が決まった感じだ。 日本が完敗した理由は3つあると思う。 1つ目は、過去の経験から、短期 …

続きを読む>

イチローの「目」

WBCがいよいよ明日、宿敵「韓国」と3度目の戦いを迎える。 イチローが「別れた彼女」と表現したという韓国、巷では、城島 VS 野村 論争が盛り上がっているが、今日はその影で腫物のようにひっそりと放置されているイチローについて述べたい。 先日のキューバ戦では、ただひとりノーヒットで、送りバント失敗、落球エラーと何も良い所がなかったイチロー。 WBCでは、最初の …

続きを読む>

WBC サムライ・ジャパン!

先週から始まったWBC! 昨日は韓国に惜敗し、一次リーグは2位通過となった。 日本の3試合の戦いぶりを観て、新聞やテレビでは、いろんな人がいろんな意見を言っているが、昨年末からWBCにコメントしてきた人間の一人として、今日は一次リーグを終わっての感想を勝手に述べたい。 12月23日の投稿にて、 『前回のWBCに限らず、オリンピックでもそうだったが、今までのジ …

続きを読む>

サムライ・ジャパン

原監督率いる「サムライ・ジャパン」のWBCを戦うメンバーが絞られてきて、徐々にどんなチームづくりを行うのかが見えてきた。 先日イチロー選手がチームリーダーに留まらず、コーチまでも兼任すると発表があったが、監督相談役であるはずの王さんが、選考メンバー発表前に、何も知らされていなかった・・・ということも踏まえ、どうやら今までの流れをたち切り、チームカラーを180 …

続きを読む>

東京六大学野球「早明戦」

最近野球が面白い! メジャーやプロ野球も面白いが、今一番面白いのが東京六大学野球の早稲田の戦いぶりだ! 先の法政戦では、通常は土日で終わる戦いが水曜日までもつれ、1敗1分からの延長14回の死闘を制し2連勝で逆転で勝ち点をあげたが、中2日で迎えた先週末からの明治戦がまたもつれている。 土曜日にわずか2安打で3点という、ワンチャンスでからくも勝利をものにした早稲 …

続きを読む>