島田市観光ガイド桜トンネル

伊豆・駿河観光ガイド『駿河湾★百景』のホームページです 静岡・伊豆の100景を検索する 島田市の桜トンネルの写真です

Vol . 318

桜トンネル

Kawane

川根

桜トンネルは、3つ星の星評価です

Sakura Tunnel(Cherry Blossom Tunnel)

桜トンネル

Presented By 星★聖

桜トンネル(家山)

旅Pod ホテル・旅館予約のページです 駿河湾NAVIのページです
桜トンネルをご覧の皆様へ

桜トンネルさくらとんねるとは?

静岡県島田市家山にある、SLの"きかんしゃトーマス号"で知られる大井川鐵道と並行して走る国道473号に、例年3月下旬~4月上旬に登場する、樹齢約90年のソメイヨシノの桜並木が作り出す桜のトンネルで、静岡県を代表するお花見スポット

了玄の桜トンネル」とか「家山の桜トンネル」「家山桜トンネル」などと呼ばれるが、正式名称はただの「桜トンネル」。

大井川鐵道沿いに約280本の桜並木が続き、その内中央分離帯がある約200mが桜トンネルとなり、中央分離帯にも桜が植えられていることから、上下線それぞれ2つの桜トンネルがお目見えする。また大井川鐡道の両側の桜も、広義の意味で桜トンネルと呼ばれる。

元々古くからある桜並木だったこともあり、桜トンネルと言えばココを指していたが、各地に桜トンネルが増えるにつれ、『了玄の経橋』の伝説の地で、了玄ゆかりの地蔵堂や石碑があることから「了玄の桜トンネル」と呼ばれ出し、川根町の巨樹の会が2008年1月に認定した桜並木の名称も「了玄の桜トンネル」となっていた。

2008年4月に川根町が島田市に編入合併されると、駅名でもあり認知度が高い地名なことから、徐々に「家山の桜トンネル」と呼ばれだし、現在では一般的になりつつあるが、正式名称は今も「桜トンネル」で変わりはない。

開花期間中には、家山川沿いの緑地公園前の「新桜トンネル」や「牛代のみずめ桜」とともに「かわね桜まつり」が開催され、ツアーバスも次々押し寄せ県内外から多くの花見客が訪れる。

祭り期間中には、家山川の河川敷に臨時駐車場が設けられ、川の上には一足お先に「鯉のぼり」も掲揚される。

この時期がおすすめ!

1月  2月  3月 4月 5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 
名称 桜トンネルサクラトンネル
了玄の桜トンネルリョウゲンノサクラトンネル
家山の桜トンネルイエヤマノサクラトンネル
読み方 さくらとんねる
りょうげんのさくらとんねる
いえやまのさくらとんねる
郵便番号 〒428-0104
所在地 島田市川根町家山
アクセス 大井川鐡道「家山駅」徒歩12分
お問合せ 0547-53-2220
(島田市観光協会 川根支所)
参考HP 新桜トンネル
参考HP 牛代のみずめ桜
参考HP 島田市観光協会
するナビ 島田市の観光スポット
宿泊予約 ホテル・旅館予約
温泉地 寸又峡温泉
ゴルフ 静岡県のゴルフ場予約
町並み・街道・関所

桜トンネルの地図

星★聖のここがポイント!

元祖と言っても良いくらいの「桜トンネル」だよ!

思わず減速…、桜トンネルと言えば、やっぱりココでしょ! 樹齢約90年のソメイヨシノの桜トンネルだよ!

昔は「了玄の桜トンネル」と呼ばれていたよ!

『了玄の経橋』の伝説の地であり、了玄ゆかりの地蔵堂や石碑が、歩いてすぐの国道沿いに残っているよ!

「かわね桜まつり」を満喫しよう!

ここと新桜トンネル牛代のみずめ桜は必見! 時間があれば、野守の池や天王山公園もね!

桜トンネル 編

国内旅行業務管理者・温泉マイスター 星★聖(ほし たかし)の署名画像です 星★聖(ほし たかし)のイラストです

桜トンネルの見所

了玄の桜トンネルの写真

了玄の桜トンネル

2008年4月に島田市に合併される以前の川根町時代には、桜トンネルと言えばココを指し、区別する際には「了玄の桜トンネル」と呼んだが、最近は「家山の桜トンネル」と呼ばれる。この辺りは『了玄の経橋』の伝説の地であり、了玄ゆかりの地蔵堂や石碑が今もすぐ側に残っており、川根の巨樹73本をまとめた巨樹の会が2008年1月に認定した名称も「了玄の桜トンネル」だった。あちこちに桜トンネルが生まれ、広く知られた地名の方がわかりやすいのもわかるが、少し寂しい…

了玄の桜トンネルの樹齢約90年のソメイヨシノの写真

樹齢約90年のソメイヨシノ

昭和初期の1931年に植栽された樹齢約90年のソメイヨシノの桜並木は、現在約280本あり、毎年美しい花を咲かせ桜トンネルをつくりあげている。何往復もした、初めて桜吹雪が舞う中を走り抜けた時の感動は、今も変わらない。

家山の桜トンネルの写真

家山の桜トンネル

巨樹の会が、2008年に「了玄の桜トンネル」として認定した際には、樹高22.0m、幹周2.50mとなっていた。今や家山のお花見スポットとして「新桜トンネル」とともに、毎年多くの花見客が県内外から訪れるまでとなった。