大滝温泉のランキング

伊豆の温泉宿ランキング

運龍や天城荘の宿泊予約

  • 大滝温泉のランキング
  • 大滝温泉の宿泊予約
  • 大滝温泉の高級旅館
  • 運龍の宿泊予約
  • 大滝温泉の隠れ家

大滝温泉ランキング

大滝温泉とは?

ハイキングコースとして人気が高い「河津七滝」の中で、最も豪快な流れを見せる、映画『テルマエ・ロマエ』にも登場し有名になった、落差30mの滝である「大滝」の下に湧く温泉で、河津温泉郷の中でも異色の温泉地として人気があるところ。

 15万坪もの敷地を活かした「りばてぃリゾ・音AMAGISO 天城荘」は、"河原の湯"や"秘湯穴風呂"などの野趣あふれる野天風呂がいくつも点在し、少し変わった開放感あふれる湯巡りが楽しめる。

 一方「運龍」は、口コミでも高評価を得ているその名が知れた老舗旅館で、伊豆青石を贅沢に使用した様々なタイプの湯舟と、これぞ温泉宿!というおもてなしが自慢の宿となっており、著名人の利用も多い宿のひとつ。

大滝温泉の泉質

単純温泉

大滝温泉の泉温

高温泉(42℃以上)・温泉(34℃以上~42℃未満)

大滝温泉の効能

一般適応症
●筋肉若しくは関節の慢性的な痛み又はこわばり
(関節リウマチ・変形性関節症・腰痛症・神経痛・五十肩・打撲・捻挫などの慢性期)
●運動麻痺における筋肉のこわばり
●冷え性,末梢循環障害
●胃腸機能の低下(胃がもたれる・腸にガスがたまるなど)
●軽症高血圧
●耐糖能異常(糖尿病)
●軽い高コレステロール血症
●軽い喘息又は肺気腫
●痔の痛み
●自律神経不安定症・ストレスによる諸症状(睡眠障害・うつ状態など)
●病後回復期
●疲労回復・健康増進

特に、
●単純温泉は、自律神経不安定症・不眠症・うつ状態 に適応!

※泉質別適応症については、温泉法の平成26年改訂に基づくもので、詳しい泉質や飲泉が可能かどうかは、源泉ごと施設ごとに異なるので、要確認のこと!

大滝温泉ってどこ?

このページの先頭へ