静岡市観光ガイド靜岡縣護國神社

伊豆・駿河観光ガイド『駿河湾★百景』のホームページです 静岡・伊豆の100景を検索する 静岡市の靜岡縣護國神社の写真です

Vol . 234

靜岡縣護國神社

Shizuoka

静岡

靜岡縣護國神社は、2つ星の星評価です

Shizuoka Gokoku-Jinja Shrine

靜岡縣護國神社

Presented By 星★聖

靜岡縣護國神社(静岡)

旅Pod ホテル・旅館予約のページです 駿河湾NAVI するナビ!のページです
靜岡縣護國神社をご覧の皆様へ

靜岡縣護國神社しずおかけんごこくじんじゃとは?

静岡県静岡市葵区にある、国道1号や静岡鉄道静岡清水線に隣接し約99,000㎡の境内を誇る、明治維新から太平洋戦争に至るまでに、国事に倒れた静岡県出身者や縁ある護国の英霊 76,230柱を祀る神社。

1899年11月13日に「共祭招魂社」として市内北番町に創建された後、1939年4月1日に施行された内務省令『招魂社ヲ護國神社ト改称スルノ件』により「靜岡縣護國神社」へと改称。現在も「静岡県護国神社」ではなく、旧字体のまま表記されている。

その後、戦火が拡大する中、1942年10月8日に現在の地に遷座された。旧社地である北番町会館前には、現在「静岡県共祭招魂社跡地」の石碑が建てられている。

境内は、歳旦祭や節分祭・管弦祭・お花見シーズンなどに賑わいをみせ、毎年8月には「万灯みたま祭」も執り行われ、多くの参拝客が足を運ぶ。

また、毎月「蚤の市」や「フリーマーケット葵市」も開催されており、一の鳥居から参道にかけてずらりと店が並ぶ。すぐ近くに、商業施設の「MARK IS 静岡」がある。

この時期がおすすめ!

1月歳旦祭 2月節分祭 3月観桜会 4月  5月菖蒲祭 6月夏越祓 7月七夕祭 8月万灯みたま祭 9月  10月管弦祭 11月  12月除夜祭
名称 靜岡縣護國神社(静岡県護国神社)
読み方 しずおかけんごこくじんじゃ
郵便番号 〒420-0821
所在地 静岡市葵区柚木366
アクセス ①JR東海道線「東静岡駅」徒歩8分
②静岡鉄道「柚木駅」徒歩3分
お問合せ 054-261-0435
公式HP 靜岡縣護國神社
するナビ 静岡市の観光スポット
宿泊予約 旅Pod ホテル・旅館予約
ゴルフ 静岡県のゴルフ場予約
名物 静岡おでん安倍川もち
神社 初詣 節分・豆まき 茅の輪くぐり 桜の名所

靜岡縣護國神社の地図

星★聖のここがポイント!

絵になる社殿の構えに注目!

谷津山をバックに奥行き感のある荘厳な社殿の構えが、実に見事で絵になるよ!

初めての人は、車で行っても一の鳥居に戻って参拝を!

一の鳥居から参道を抜け一気に開ける社殿の眺めと、拝殿まで何もない道を進む空気感が堪らないよ!

8月の「万灯みたま祭」がおすすめ!

参拝するなら黄昏時に訪れよう!暗さが増し変わりゆく境内が幻想的だよ!

靜岡縣護國神社 編

国内旅行業務管理者・温泉マイスター 星★聖(ほし たかし)の署名画像です 国内旅行業務管理者で、温泉マイスターである星★聖(ほし たかし)のイラストです

靜岡縣護國神社の見所

一の鳥居と蚤の市の写真

一の鳥居と蚤の市

静岡鉄道の線路沿いに建つ一の鳥居。ここからこんもりと茂った森の中に参道が続いている。毎月「蚤の市」や「フリーマーケット葵市」が開催されており、100店もの店が並ぶ時もある。

神池の写真

神池

一の鳥居から続く参道の左手に、神池がある。静かな水面には、青空や樹木が映りこんでいるが、透明感に欠けるため美しさは半減といったところ…。

靜岡縣護國神社の写真

靜岡縣護國神社

一の鳥居から参道を抜けると、二の鳥居を前に一気に視界が開ける。車で行くと二の鳥居横からの参拝となりがちだが、初めての方は、是非とも戻って正面より参ってほしい!

荘厳な構えの拝殿の写真

荘厳な構えの拝殿

谷津山をバックに、シンメトリーな造りの拝殿が整然と佇んでいる。奥行き感のある荘厳な構えが、実に見事で絵になる。街中にあってこの解放感は、中々のものであり、靜岡縣護國神社の魅力の一つだ。

お花見の写真

お花見

お花見シーズンの靜岡縣護國神社は、桜の花と樹木の緑のコントラストが美しく、境内が一気に華やぐ感じだ。決して本数は多くないが、味わいのある花見が楽しめる。

夏越の祓・茅の輪くぐりの写真

夏越の祓・茅の輪くぐり

6月中旬になると、参道に茅の輪が登場する。夏越の祓の神事は30日に執り行われるが、それまでの間も自由にお参りできる。茅の輪の潜り方が分からない方は、「静岡県の茅の輪くぐり神事」を参考に!

万灯みたま祭の写真

万灯みたま祭

万灯みたま祭は、毎年8月13日~15日に行われ、提灯に「みあかり」が灯されるのは18:00~21:00まで。期間中境内では盆踊りや夜店も並び、花火の打ち上げも行われる。

「みあかり」が灯された提灯の写真

「みあかり」が灯された提灯

黄昏時に訪れれば、徐々に暗さが増してゆく中、幻想的な雰囲気に包まれていく境内の変化が楽しめるので、個人的にはおすすめだ!