駿河湾★百景トップページ 焼津市観光ガイド 『ディスカバリーパーク焼津 100景リスト
ディスカバリーパーク焼津 Vol.20 ディスカバリーパーク焼津(焼津市)
「レジャー施設」 部門
- Yaizu -
ディスカバリーパーク焼津 焼津
Presented By 星★聖
駿河湾NAVI 『するナビ!』 ディスカバリーパーク焼津(焼津市) プロが選ぶ温泉宿
『ディスカバリーパーク焼津』をご覧になるにあたって
でんじろう先生ばりの面白さ!

日本人の学力低下とともに、子供たちに人気のない科目として理科の授業が叫ばれだした頃、テレビや雑誌などで一躍人気者となった「でんじろう先生」こと米村傳治郎氏により、再びサイエンスに興味を持つ子供たちが増えてきましたが、そんなでんじろう先生の授業のごとく、「なんでだろう?」「どうして?」「私もやりたい!」と、子供たちがワクワクするようなイベントや体験教室がある施設が、焼津の町にあります。

ディスカバリーパーク焼津 ときめき遊星館宇宙」・「」・「自然」の3つのキーワードを軸に、天文台・プラネタリウム・展示体験室などで行われる様々なプログラムを通して、子供たちの好奇心や探究心をかきたて、同時に夢や冒険心を抱かせるこのすばらしい施設が、ここ『ディスカバリーパーク焼津』です。

でんじろう先生の場合、そのキャラの面白さもあるのですが、昔習った知識が結びつかない、“応用の利かない日本人”と言われる現代において、種明かしをすると「あぁ〜なるほど・・・」と、知っている事柄が一気に結びつき容易に理解できる点が、でんじろう先生の授業のもう一つの面白さでもあり、正直ワクワクしているのは子供たちだけではなく、私を含め多くの大人たちもそうなのではないでしょうか。

そんなでんじろう先生の授業のように、この「ディスカバリーパーク焼津」も親が単なる引率としてではなく、知らず知らずのうちに子供といっしょに考え、子供の質問に答えようと、一生懸命昔を思い出しながら頭の中でいろんな知識がぐるぐる回転するような感じの、かなりの脳トレになる施設となっています。

国語や算数・社会科の知識は、社会に出てからもそれなりに接する機会が多いのですが、なぜか理科だけは忘れる一方で、情けないやらもっとちゃんと勉強しておけば・・・と帰り道に思わず反省してしまう・・・そんなちょっと親にとっては考えさせられる場所でもあります。



松林に頭を覗かせた天文台が目印!

「ディスカバリーパーク焼津」は、焼津の市街地から南下した大井川町にほど近い焼津市 田尻にあります。

天文台駿河湾を望む「田尻浜海岸」沿いの防風林の中に建っているこの施設周辺は、「石津浜公園」から続く海岸沿いをウォーキングする方々で賑わっており、早朝から夕暮れまで平日でも体力づくりに励む方の姿が数多く見受けられます。

「ディスカバリーパーク焼津」へは、国道150線を車で走っていれば、道路標識に「ディスカバリーパーク焼津」の文字が随所に登場しますし、近くに行けば、松林の中に天文台が頭を覗かせていますので、比較的容易にたどり着けるかと思います。

アクセスとしては、電車とバスでも行けますが、時間を気にせず思い切り楽しめることや、無料の駐車場がたくさんあることを考えれば、車で行かれることをおススメします。



実に楽しい!プラネタリウム

「ディスカバリーパーク焼津」は、「私たちを支える大きな“何か”を見つけよう」を基本理念として掲げ、 その中心施設である「ときめき遊星館」の名誉館長に、「銀河鉄道999」で知られる「松本零士」氏迎え、1997年7月20日にオープンしました。

約8700坪にも及ぶ広大な敷地の中には、「ときめき遊星館」をはじめ「水夢館」、「自然体験公園」、「遊びの広場」や遊歩道などが配置されており、280台の無料駐車場も完備された複合施設となっています。

ディスカバリーパーク焼津 ときめき遊星館中でも屋上から霊峰富士の雄大な姿が望め、駿河湾越しに遠く伊豆半島が眺められる、鉄筋コンクリート造5階建の天文科学館である「ときめき遊星館」には、18mのドーム径を持つ、座席数が180席にも及ぶ本格的なプラネタリウムがあり、また宇宙や科学について子供たちが直に体験できる展示・体験室が備えられていて、一番の人気施設となっています。

静岡県内には、いくつかのプラネタリウムがありますが、近年姿を消すところが多い中、ここのプラネタリウムは、キッズから大人向けの番組まで、毎月のように新しプログラムが登場し、また星空コンサートなど音楽との融合を図ったプログラムもあり、子供とだけでなく友人を誘って訪れたくなるほど、リピーターを意識した工夫が施されています。

そんな中2010年には、光学式プラネタリウム全天周フルカラーCG投影機を組み合わせたハイブリッド式投影システムによるプラネタリウムへと新たに生まれ変わり、プラネタリウムを超えた映像美が迫力満点の人気の施設となりました。

プログラム内容については、ディスカバリーパーク焼津のホームページ上で確認できますので、訪れる際には投映期間や時刻を確認してから訪れてみてください。

本当にタイトルだけでもワクワクするような興味深いプログラムがたくさんあるうえに、想像を超える迫力の映像美と効果的な音響による臨場感が一体となったプログラムとなっていますので、是非一度ホームページをご覧になってみてください。



焼津から世界へ!天文学のパイオニア

そんなプラネタリウムで、星空に興味を持った子供たちに、さらに大きな夢を抱かせてくれるのが、この「ディスカバリーパーク焼津」のシンボルともなっている天文台です。

この天文台は、焼津市出身で天体望遠鏡製作の第一人者として、日本の天文学をリードしてきた「法月惣次郎」(のりづきそうじろう)氏が製作したもので、現在県下ナンバー1の大きさを誇っています。

天文台法月惣次郎氏は、明治最後の年の1912年元旦に、この焼津の地に生を受け、以後1995年3月83年の生涯を全うするまで、日本の天文学のパイオニアとして多大な功績を残してきました。

1988年には「科学技術庁長官賞」、1990年には「宇宙電波懇談会賞」を受賞され、早稲田大学2.4m電波望遠鏡をはじめとして、生涯に400台にものぼる望遠鏡を手掛け、現在も数多くの望遠鏡が現役として全国各地で活躍しています。

そんな法月氏が晩年、80歳を過ぎてから、その人生の集大成として1993年に製作した望遠鏡が、この「ディスカバリーパーク焼津」の80cm赤道儀式反射式天体望遠鏡でした。

地元に花を添えた法月氏は、製作から2年後の3月に、星空へと旅立たれていきましたが、天文学に一生を捧げた法月氏のその熱い思いは、この望遠鏡を通じて多くの子供たちに受け継がれています。

現在、この望遠鏡のある天文台は、毎日見学会が行われているとともに、週末には「星空観望会」と名をうった天体教室が行われており、また流星群や惑星の接近、月食などの際には、「特別観望会」も開催されています。

見学会だけでなく観望会にも参加され、法月氏の手がけた望遠鏡の素晴らしさを、是非とも直に味わってみてください。



「水夢館」って何?

プラネタリウムに天体観測が楽しめるこの「ときめき遊星館」に隣接した施設として、「水夢館」という施設があります。

水夢館「ときめき遊星館」の次に賑わうこの施設は、その「水夢館」という名前からちょっと期待してしまうところもあるのですが、実は単なる温水プールとなっています。

鉄筋コンクリート造2階建の建物には、8コース25m公認プールと子供向けの小さなプール、幼児向けの池のようなプールがあり、ちょっと夢を感じるものとして外部を通り抜けるウォータースライダーがあります。

水泳教室やスイミングクラブの練習場、競技大会などにも利用されていますが、全コース貸切という日は滅多にありませんし、休館日もわりと少ないので、入替制の休憩時間さえ気をつければ、大概いつでも誰でも自由に泳ぎに行けます。

ただし、夏休み期間中の日中は、行列で入場規制になることが多いようですので注意してください。

館内には音楽が流れたり、監視員も元気で明るく雰囲気の良いプールとなっていますので、プール施設としてはおススメです。

海岸沿いの散歩も楽しいですが、夜の天体観測までの時間つぶしに困った際には、家族みんなでプールで体力づくりに励んでみてはいかがでしょうか。



大人も子供もときめこう!

「ディスカバリーパーク焼津」を利用される方のほとんどが、「ときめき遊星館」か「水夢館」を目当てに訪れているようですが、この2つの施設の他にもいくつかの屋外施設があります。

自然体験公園」では、松林の木漏れ日の中、潮騒をバックにベンチで読書や昼寝をしたり、ゆっくりとウォーキングを楽しむ方が見受けられます。

南国風のディスカバリーパーク焼津また、思わずてっぺんを目指したくなるロープの遊具である「ザイルクライミング」や、不思議なことで知られる「メビウスリング」になぞらえた遊具などがある「遊びの広場」では、幼児を遊ばせる母親達が交流の場として利用しています。

ちょっと変わったところでは、全長66mの「ふみ石健康遊歩道」というものがあり、文字通り丸太や石でつくられた見るからに足裏のツボを刺激しそうな遊歩道が設けられています。

海岸沿いをウォーキングしてきた方が、駐車場までの通り道に歩かれたり、子供たちが元気に走り回ったりしていますが、真面目に内臓疾患や血流の悪い方は試してみると良いかもしれません。

悪質な事件や暗い出来事が多い中、子供たちがワクワクときめき、宇宙や星空に夢や冒険心を抱くことのできる「ディスカバリーパーク焼津」は、ディズニーランドや普通の遊園地とはまた違った味わいがあり、とても面白い切り口の施設になっていると思います。

子供たちの遊び場としてだけでなく、大人も楽しめ、また健康づくりにも一役かっているこの「ディスカバリーパーク焼津」、是非一度家族みんなで訪れてみてください。
- ディスカバリーパーク焼津 -
ディスカバリーパーク焼津の 『旅シュラン』 評価スコア
『旅シュラン』とは?
ディスカバリーパーク焼津 情報
■所在地 焼津市田尻2968-1
■問合せ 054-625-0800
■HP ディスカバリーパーク焼津
ディスカバリーパーク焼津 観光情報
焼津市観光スポット
焼津市観光協会
静岡県エリアガイド
静岡ゴルフ場ランキング
ディスカバリーパーク焼津 地図
ディスカバリーパーク焼津 宿泊情報
徹底比較!お得な宿泊サイト予約
プロが選ぶ温泉宿
黒潮温泉 焼津駅周辺 静岡駅周辺
静岡グルメ情報
静岡県グルメ情報
  第1位 富士宮やきそば
  第2位 地魚・お刺身
  第3位 静岡おでん
静岡県の特産物
静岡県の特産物「うめぇ〜ら」
  第1位 由比の桜えび
  第2位 沼津の干物
  第3位 焼津のマグロ
■□■ 星★聖 のココがポイント!「ディスカバリーパーク焼津」 ■□■
天文台の見学会や観望会に、ガンガン参加しよう!
事前にホームページで、開催プログラムの確認を!
プラネタリウムは、企画により大人限定のものもあるので注意!
温泉マイスター 星★聖
伊豆・駿河観光ガイド「駿河湾★百景」ディスカバリーパーク焼津のページトップへ!
駿河湾NAVI 『するナビ!』 ディスカバリーパーク焼津(焼津市) 宿泊予約サイトの選び方
焼津のビジネスホテルランキング黒潮温泉のランキング焼津市の土地物件静岡県のゴルフ場激安のゴルフ用品焼津港のマグロの通販
〜 ♪あの街 この町 ここ最高! 焼津市観光ガイド 『ディスカバリーパーク焼津』 〜
駿河湾NAVI ♪あの街 この町 ここ最高! ディスカバリーパーク焼津
100景リスト ― 伊豆・駿河観光ガイド 『駿河湾★百景』 ―
ホームページ内の写真や記載内容の無断転用を禁じます。
Copyright(C) surugawan navi,All Rights Reserved.
駿河湾★百景トップページ