静岡市観光ガイド臨済寺

伊豆・駿河観光ガイド 『駿河湾★百景』のホームページ 伊豆・駿河の100景を検索する

Vol . 866

臨済寺

Shizuoka

静岡

5 つ星評価

Rinzai-ji Temple

臨済寺

Presented By 星★聖

臨済寺(静岡)

手無地蔵のページです 静岡名物のうまい店のご紹介です 静岡県のゴルフ場のご紹介です 国内宿泊予約のページです 伊豆の温泉宿ランキングです 沼津市歴史民俗資料館のページです
臨済寺をご覧の皆様へ

臨済寺とは?

静岡県静岡市葵区の賤機山の麓にある、山号を「大龍山」と称する今川家の菩提寺で、竹千代時代の家康が、人質として預けられていたことで知られる臨済宗 妙心寺派の寺院。出家した栴岳承芳(せんがくしょうほう:後の今川義元)のために、父 今川氏親が、母 北川殿の別邸跡に太原雪斎を招き建立した善得院がその前身で、1536年に兄 氏輝が急逝したため、還俗し家督を継いだ義元が、氏輝を弔うために、大休宗休を開山として、法名より「臨済寺」と改め開いた寺。毎年5月19日の今川義元公の命日と、10月15日の摩利支天祈祷会の年2日だけ、特別公開が行われる。国の重要文化財の本堂や「無想庵」など見所が多い。

この時期がおすすめ!

1月  2月  3月  4月  5月19日 6月  7月  8月  9月  10月15日 11月  12月 

名  称臨済寺

ふりがなりんざいじ

ローマ字Rinzai-ji Temple


地  区静岡市(Shizuoka City)

住  所静岡市葵区大岩町7-1

お問合せ054-245-2740


参考HP静岡シティプロモーション

するナビ静岡市の観光スポット


寺院・仏像・お堂

臨済寺のPR

臨済寺の評価

臨済寺の評価グラフです
星★聖のここがポイント!

特別公開は年2日だけだよ!

5月19日の義元公の命日と、10月15日の摩利支天祈祷会のみ特別公開されるよ!

じっくりと時間をかけ、貴重な文化財を見逃すな!

氏輝・義元・雪斎の木像や竹千代君手習いの間の他、今川神廟や茶祖堂なども見逃すな!

禅の心を感じとろう!

手入れの行き届いた石庭をはじめ、規矩整然とした境内の随所に禅の心が垣間見えるよ!

臨済寺 編

国内旅行業務管理者&温泉マイスター 星★聖(ほし たかし)の署名画像です 星★聖

臨済寺の地図

この宿がおすすめ

臨済寺の見所

春の特別公開

「海道一の弓取り」と賞され、駿河と遠江国を治めつつ、享年42歳にて桶狭間に倒れた今川義元公の命日にあたる5月19日に、春の特別公開が行われる。

秋の特別公開

10月15日の摩利支天祈祷会に合わせた特別公開で、「開運 摩利支尊天」の赤いのぼりが印象的だ。春は五七桐の御紋だったが、秋は徳川葵の御紋だ。

禅寺 -ZEN-

通りに端正な僧侶が立ち、案内をしてくれる。橋を渡ると境内なのだが、キリッとした門前の光景と相まって、すでに禅寺の気高さに圧倒される。

通用門

木桶とほうきの置き方がなんとも憎らしい。何気ないこういう所に、修行僧の専門道場となっている、この寺の品格と素晴らしさを感じる。

仁王像

山門には、もともと静岡浅間神社にあったという仁王像が安置されている。掲げられた「大龍山」の扁額の文字は、徳川慶喜公の書だとか・・・。

新仏殿

山門の左手には、1997年に建立された、木の香りが漂ってくる感じの真新しい新仏殿が建つ。まだ寺に溶け込んでいない感じだが、立派なお堂だ。

本堂(大方丈)

国の重要文化財で本堂となる大方丈(おおほうじょう)。春は五色で鮮やかな、秋は葵の御紋の白黒でモノトーンな垂れ幕が架かる。

貴重な宝物類

屏風絵や襖絵、徳川将軍の書や一休・沢庵和尚の墨蹟、古図に金箔が散りばめられた調度品等々、とにかく今川家や徳川家ゆかりの宝物類がスゴい!

今川義元公・氏輝公像

左が「海道一の弓取り」と賞された第11代 義元公で、右が24歳の若さで急逝した兄の第10代 氏輝公だ。父の氏親公の木像はと言うと「増善寺」にある。

太原雪斎像

禅僧にして、黒田官兵衛や竹中半兵衛と並び称されるくらいの名軍師で、その交渉力においては、右に出るものはいないとまで賞される雪斎の木像だ。

座禅堂

摩利支尊天信仰の外廓団体である開運講が、年に一度招かれ講中斎が開かれるのが、この座禅堂だ。正面から直接は入れず、本堂を経由する形となる。

摩利支天祈祷会

奥に摩利支天像の他、左右にズラリと仏教の守護神が並び、入口横には文殊菩薩像が安置されている。ここで毎年10月に、摩利支天祈祷会が行われる。

竹千代君手習いの間

復元されたものだが、人質時代の幼き頃の家康公が、ここで英才教育を受けていたことに変わりは無い。下ばかり見て、龍の天井画を見逃さずにね!

徳川家康像の掛け軸

書院の床の間の掛け軸に目をやると、見覚えのある肖像画が掛けられていた。似たような構成の家康の絵は他にもあるが、この寺で出逢うとは・・・。

徳川家康公像

等身大の木像が数多く見られる臨済寺だが、こちらはカワイイ家康公の像。背後には、光り輝く義元公や氏輝公などの位牌がズラリと並ぶ。

国の名勝 庭園

賤機山の斜面を利用し、天正年間に三段構成で築かれた池泉廻遊式の庭園。ここから望む夢想庵の眺めも格別だが、紅葉時に楽しめないのが残念!

夢想庵への階段

書院からは一直線に茶室へと続く階段が伸びる。すれ違うのも大変な階段なのだが、混雑時で無ければゆっくり景色を楽しみながら上りたい。

上から見る庭園

階段の途中から横に目をやると、国の名勝となっている石庭が上から楽しめる。書院からではわかりにくかった、池や石組みの配置などがよくわかる。

茶室「夢想庵」

大徳寺南明亭を模したというが、詳しいことはわからない。結界により俗世と切り離された境内にあって、さらに結界が張られたような境地だ。

静岡市街地を一望!

かつて今川館があった駿府城公園を正面に見る形で、静岡の中心市街地が一望できる。一際高くそびえる県庁別館が目印となる。

規矩整然(きくせいぜん)

手入れの行き届いた石庭をはじめ、敷石やほうきの置き方ひとつにまで、随所に禅の心が垣間見える。規矩整然と言う言葉を初めてここで知った。

金宝樹 キンポウジュ

一般的にはブラシノキとして知られるオーストラリア原産の赤くて長い花糸が特徴の木だ。臨済寺では金宝樹と呼び、この木はインドネシア産らしい。

今川神廟

3つの位牌が並ぶ今川義元公廟。桶狭間より家臣が持ち帰った首が埋葬されていた、城北公園にあった天澤寺の首塚より出土した遺骨が改葬されている。

茶祖堂

三国師像は、左から草庵式茶道の祖である南浦紹明(円通大応国師)、日本の茶祖 栄西禅師(千光国師)、静岡茶の始祖 円爾(聖一国師)となる。

臨済寺のPR