駿河湾★百景トップページ 静岡市観光ガイド 『薩埵峠 100景リスト
薩埵峠 Vol.50 薩埵峠(静岡市)
「道・町並み」部門
「山岳・渓谷」部門
- Shizuoka -
薩埵峠 静岡
Presented By 星★聖
駿河湾NAVI 『するナビ!』 薩埵峠(静岡市) プロが選ぶ温泉宿
『薩埵峠』をご覧になるにあたって
名歌が生まれた地「薩埵峠」

小倉百人一首」にも登場し、ご存知の方も多いであろう万葉歌人の山部赤人が詠んだ、「田子の浦ゆ うち出でてみれば 真白にそ 富士の高嶺に 雪は降りける」の歌の舞台となった場所が、ここ『薩埵峠』と言われています。

薩埵峠からの富士山の眺めいくつか別の説もあるのですが、駿河湾の波打ち際の道を進んでいた山部赤人が、「薩埵峠」がある「薩埵山」の崖の背後から突如現れた「富士山」の美しさに感銘し詠んだ歌とされています。

古くは「磐城山(岩木山)」と言われ、「岩木山 ただ越え来ませ いほさきの こぬみの浜に 我たらまたむ」と万葉集にも登場するこの標高244mの「薩埵山」は、鎌倉時代の1185年に、由比の倉沢の浜で、網にかかり引き上げられた「地蔵菩薩」(薩埵地蔵)を、この崖の上に祀ったことがその名前の由来とされています。

この地蔵菩薩は、現在興津にある「東勝院」に安置されており、3年に一度御開帳されているのですが、そんな「薩埵山」を抜ける峠道が通ったことから、いつしか「薩埵峠」と呼ばれるようになりました。

この「薩埵峠」を行く道が開かれたのは、江戸時代1655年で、この年の9月に「朝鮮通信使」を迎えるにあたり、海際の危険な道を通すわけにはいかないと、幕府の威信にかけわざわざこの峠道が造られたとされています。

薩埵峠ハイキングコース「薩埵峠」を抜ける道は、この新たに造られた「中道」と、山側で、江戸後期には一般的な東海道の本道となった「上道」、さらに海際の昔ながらの危険な「下道」と合わせて三本の道が、由比宿興津宿を結ぶルートとして整備されました。

この「中道」が造られるまでの東海道はというと、波が打ち寄せては引くという危険な海際の道を行く「下道」しかなかったため、現在でも一番海沿いを走る東名高速の下り線では、高波により通行止めになることがあるように、打ち寄せる波の合間を縫って通り抜けるという、時に命がけの道ともなっていました。

そんなことから、道行く親子でも、親は子供を構っておられず、子供も親のことなど構っていられないと、我先に・・・となることから、いつしか「親知らず子知らず」と言われるようになりました。



親知らず 子知らず

この「親知らず子知らず」という言葉は、通常上記のような意味あいで使われることが多いのですが、この由比の町には、古くからこの「親知らず子知らず」に纏わるちょっと違った言い伝えが残っています。

展望台からの眺めそれは、孝行息子が奉公先から戻る途中に、早く親に会いたい一心で道を急ぎ、地元のおばあさんの制止を振り切り、夜中にひとり明りをもとに峠越えをしたとのことで、この「薩埵峠」で追剥ぎに会い、海に突き落とされ命を落としたという言い伝えです。

このお話には続きがあり、翌朝孝行息子の安否が気になったおばあさんが、峠を越え隣町の興津のこの者の親のもとへ行くと、庭先に昨日見た息子の着物が干してあったため、無事に着いたのか・・・と親に尋ねたところ、この親の顔が豹変し、自らが襲った獲物が息子だったことを悟り、「薩埵峠」から息子の後を追って身を投げたというものです。

国道から見た薩埵峠(上部に見えるのが展望台)孝行息子は、自分の親が追剥ぎだったことを知らなかっただけでなく、自らの命を親により絶たれてしまったわけで、さらには親は夜道ゆえ息子と気づかず、自らの手で息子の命を奪ってしまった・・・という、実に悲しい結末の物語です。

この言い伝えの真偽はわかりませんが、いずれにせよこの「薩埵峠」が、いろんな意味で親子仲良く笑顔で通れるような場所ではなかったことは確かなようです。

同じく「親知らず子知らず」と呼ばれる、静岡市から焼津市に抜ける「大崩海岸」や、その名もズバリの新潟県の「親不知」などとともに、この「薩埵峠」が、危険な場所として道行く旅人に恐れられていたことは間違いないようです。

そんな峠の印象は、広く国民が知るところとなり、「上道」が主流となっていた江戸末期の1862年和宮様が将軍徳川家茂公へ嫁ぐ際にも、この「薩埵峠」の存在が、「東海道」ではなく「中仙道」経由での江戸への輿入れへを促したとされています。



実は無かったこの陸地!

新潟県の「親不知」は、崖の横っ腹を肋骨状のトンネルで抜けていくような道で、その難所ぶりが、車を走らせていてもひしひしと感じられる場所であり、また「大崩海岸」も、実際に崩落したトンネル跡が今も残っており、見るからに難所であったことが連想されるのに対し、この「薩埵峠」は、崖下の平坦部に道が走っており、車で通る限り、東名高速こそ、前述の高波による通行止めの危険性はあるものの、国道や鉄道などで通過する分には、全くと言ってよいほど難所という感じはなく、言われなければ、何事もなく通り過ぎてしまうような場所となっています。

峠下の陸地

そんなことから、海際といっても、そんな「親知らず子知らず」と言うほどではなく、新潟の「親不知」や「大崩海岸」に比べたら・・・、ましてわざわざ崖の上に新しい道など造らなくても・・・と思われる方も多いかと思います。

なんでわざわざ崖の上に新しい道を造ったのか?

実際にご自身で現在のこの「薩埵峠」を歩かれたことがある方ならば、尚更そう感じることかと思いますし、むしろそう感じる方が普通かと思いますが、実はそれにはちゃんとした訳があるのです。

薩埵峠ハイキングコース断崖絶壁であることや、峠であることは理解できても、なんでわざわざ崖上に・・・と、崖上に道をつくり直す必要性が感じられないのも無理がないことで、実は現在のように「薩埵峠」の崖下に陸地が出来たのは、江戸末期の1854年の「安政の大地震」による賜物で、地震による地面の隆起が、この陸地を誕生させたのでした。

薩埵峠ハイキングコースの草花それまでの「薩埵峠」はと言えば、新潟県の「親不知」や「大崩海岸」などと同じような断崖絶壁で下は海という状況で、とても現在のように道を通すことなど不可能だったようです。

ここではじめて納得!といった感じなのですが、実際には陸地が出来た後も、難所としての性格に変わりはなく、大正昭和と幾度が崖崩れを起こし甚大なる被害をもたらせており、東海道線が呑み込まれ運行不能となったこともありました。

現在でも、崖崩れや地滑りなどの対策が難しい地区として、お役所も頭を抱える場所となっており、今も決して安心できる場所というわけではなさそうです。



戦の名所?「薩埵峠」

そんな「薩埵峠」ですが、あまり知られてはいないのですが、現在でも通り抜けるスペースが限られているこの「薩埵峠」周辺は、古より交通の要所となっており、戦においても防衛線としてこの場所が幾度となく選ばれてきました。

薩埵峠 峠道攻めるにもここから続く尾根を越えなくてはならず、防ぐには大軍での進攻が難しいこの場所が一番の要となることもあり、数々の戦がこの「薩埵峠」周辺で行われてきました。

後世に名を燦々と輝かせるような名勝負があったわけではないため、それほどメジャーな戦地として名が残っているわけではありませんが、南北朝時代の後の将軍 足利尊氏が、弟 足利直義と対立した「観応の擾乱」にて、1351年に追討のため戦をしたとされるのがこの「薩埵峠」周辺であり、1568年12月12日に、武田信玄の猛攻を食い止めるべく、今川氏真が興津の「清見寺」に陣を張り迎え撃ったのもこの「薩埵峠」周辺でした。

またこの戦の際に、敗走を続ける今川軍を助けるべく出陣した北条氏康が、武田と対峙したのも、またこの「薩埵峠」でした。

現在、その史料から知りえる情報は限られていますが、「薩埵峠」が歴史上幾度か、その攻防線状にあったことは、紛れもない事実のようです。



「薩埵峠」を有名にした1枚の絵!

そんな「薩埵峠」を、有名にした1枚の絵があります。

有名にした人物は「歌川広重」、「東海道五十三次」で知られるあの広重ですが、わたしにとっても、この広重の存在は大きなものでした。

東海道五十三次 保永堂版「由井」

幼い頃、永谷園のお茶漬けに、広重の「東海道五十三次」の保永堂版の浮世絵が付録で付いていて、よくどんな絵が入っているのか楽しみにしていたものですが、その絵が「東海道五十三次」であり、浮世絵であるということを知ったのは、それからもう何年も後のことでしたが、「広重」という名は、この時覚えたような気がします。

そんな幼い頃の記憶の中で、後に頭のどこかに残り忘れられない記憶となっていた絵が、いくつかありました。

その1枚が、ご存知「由井」の絵でありこの「薩埵峠」でした。

よくあることですが、この広重の時代には、由比の町は、「由井」とか「油井」「湯井」など、様々に表されており、「東海道五十三次」も「由井」という感じが使われていますが、1899年町制が施行されるとともに、「由比」へと統一されていきました。

そんな「東海道五十三次」の55枚の絵の中で、他にも「沼津」の天狗や「蒲原」の雪景色、飛び出た富士山が強烈なインパクトとなっている「」など、何枚かはその絵の特徴的な面白さから、うっすら記憶にあったようですが、この「薩埵峠」だけは、その独特の構図の面白さからか、また絵全体の素晴らしさからか、構図そのものを覚えていたような気がします。

海岸線より遥か高い絵画の左端の崖の上に、へっぴり腰で転げ落ちないように気をつけながら富士山を窺う人物が描かれたこの作品の構図は、現在の「薩埵峠」のハイキングコースそのもの・・・と言う感じなのですが、子ども心にこの構図が気に入ったのかどうかはハッキリしませんが、全体像として覚えていたのは確かなようです。

子供の頃の記憶は不思議なもので、後に「なんでこんなものを?」と思うものをハッキリ覚えていたりするものですが、この広重の「由井」の絵は、まさにそんな感じでした。



「風景画」を見比べる楽しさ!

「東海道五十三次」で「薩埵峠」を描いた作品には、この保永堂版の他に隷書版などがあるのですが、こちらは保永堂版とは反対方向の、富士山を背に「薩埵峠」の上り口を目前にした、西倉沢の茶屋の風景が描かれています。

東海道五十三次 隷書版「由井」

崖の上部の輪郭は大胆にカットされ、海際のグランドレベルで、切り立った崖の様子や、振り返り富士山を眺める旅人などが描かれており、保永堂版の高い視点から正面に富士山、眼下に駿河湾という構図とは対照的な作品となっています。

広重作品は、個人的には大のお気に入りで、特に「名所江戸百景」は、旅行写真を撮るものとして、その場に行きたくなる衝動を生み出す作品として、理想に近いものがあります。

どれも現地を訪れたくなるものばかりであり、江戸時代における「風景画」そのものが、今でいう観光ガイドブックのような存在でもありましたから、そう考えると尚更この作品の素晴らしさが実感できます。

「東海道五十三次」も、保永堂版、行書版、隷書版などの他にも、タイトルこそ微妙に異なりますが、同じく東海道を描いた作品が数多く存在し、それらを見比べる楽しさがあり、とても興味深いものとなっています。

この由比の町には、そんな風景画を数多く収蔵する「東海道広重美術館」もありますので、興味のある方はそちらに立ち寄ってみてください。



どこから楽しむ?「薩埵峠」

富士山をバックに、崖と海との限られたスペースに、鉄道国道高速道路の3つの線が走るお馴染の構図で知られるこの「薩埵峠」ですが、この「薩埵峠」を歩くに、どこからアクセスし楽しむのが一番か?と問われれば、多くの方が最も一般的な「東海道五十三次」を逆行するかたちでの、興津側から由比の町へと抜けるルートを薦めるのではないでしょうか。

東海道標と石碑実際ガイドブックやハイキングコースの案内もこのルートが紹介されているものが多く、何より実際の眺めも、富士山を望むかたちで散策が楽しめるため、由比側からのアクセスよりも通り抜けるなら断然このルートがおすすめとなります。

JR興津駅より「一里塚」を横目に興津川を渡って歩いて行くと、やがて前述の「上道」と「中道」との分岐点にたどり着きます。

どちらを行っても「薩埵峠」の入口とも言える駐車場までアクセス可能なのですが、近道なのは「中道」(約2.2km)で、興津駅から30分もあれば、峠の起点となる駐車場までたどり着けます。

富士山のビュースポットこの駐車場からが、東海道の難所と言われた「薩埵峠」を感じることができるところなのですが、絶壁の横っ腹を這うように階段を上って行くと、「薩埵峠」の石碑や「東海道標」がある最初の絶景スポットにでます。

この場所は、富士山が見えるだけでなく、春先にはが咲き、富士山との共演がとても絵になる場所でもあります。

まずはここで一休み・・・という感じになるのですが、そこから先は、多少のアップダウンはあるものの、ほとんど平坦なゆるやかな道となっており、眼下に広がる駿河湾の眺めを存分に楽しめます。

また、道端にはたくさんの草花が咲いており、それらを楽しんだりしながら、ゆっくりのんびり散策が楽しめます。

途中、「東海道標」から320mのところには「あずまや」があり、近くには広重の「薩埵峠」の浮世絵などの説明書きがあります。

薩埵峠の「あづまや」この「あずまや」周辺が、道中で一番のんびりできる場所でもあることから、ここでお弁当を広げる方も少なくありません。

そんな「あずまや」を後にして、230m進むと、今度は道の左手に「展望台」が見えてきます。

この辺りは、わざわざ「展望台」に上らずとも、あの「薩埵峠」の代表的な景色である、富士山をバックに、崖際を走るJRと国道、それをゆるやかな曲線を描きながらクロスしていく高速道路という、あの光景が眺められます。

薩埵峠「展望台」実際に、この「展望台」より多くの写真が撮られているわけですが、個人的には道から海側に少し降りられる場所があり、より海側より富士山を狙った方が、きれいな構図になるように感じられます。

まぁ個人の感覚の問題ですので、いろいろ場所や角度を変えながら、最高の一枚を撮影してみてください。

展望台からの駿河湾の眺めそんな「展望台」を過ぎると、150mで由比側の駐車場に出ます。

この由比側の駐車場は、峠道の高さまで車で上ってこられることから、車で訪れる方に人気なのですが、「薩埵峠」を楽しむ・・・という点においては、個人的にはおすすめしません。

「薩埵峠」という場所を体で感じられないばかりか、やはり最初に富士山を見る感動が薄れてしまうことや、メインスポットを最初に見てしまうという点においても、楽しみ方としてはおすすめできる道順ではありません。

体力に自信のない方や、時間に制限がある方は仕方ありませんが、この駐車場から「薩埵峠」を楽しむということは、★ひとつ失うことになる気がします。



見所いっぱいの由比の道

そんなこの由比側の駐車場ですが、この場所はかつて山之神が祀られていた場所だったこともあり、「山之神遺跡」と呼ばれており、駐車場内に石碑も建てられています。

「薩埵峠」の名を広めたとされる、「蜀山人」こと「大田南畝」(おおたなんぽ)が詠んだ「山の神 さった峠の風景は 三下り半に かきもつくさじ」の歌は、1801年に、この地を訪れた蜀山人が、かつてこの場所にあった茶屋で詠んだとされています。

薩埵峠 山之神遺跡今は当時を偲ぶことができるものは、この石碑のみとなってしまいましたが、駐車場ではなく、ゆっくりできる茶屋が残っていれば、店の主人との会話の中から、即興で詠んだとされるこの歌の意味合いも、違って感じられたかもしれません。

そんな駐車場からJR由比駅までは、3.5kmほどありますが、途中に「脇本陣倉沢柏屋」や「東海道名主の館 小池邸」「東海道あかりの博物館」、そして先程お話しした広重の「東海道五十三次」の隷書版にも登場している「望嶽亭藤屋」などがありますので、見所のある旅路となっています。

特に、この「望嶽亭藤屋」は、1867年に官軍に追われた山岡鉄舟が逃げ込んだ宿として知られており、その際に置き忘れたとされるピストルも残されている。

また桜えびが美味しく頂けるお店として人気の「くらさわや」も、この旅路の途中にありますので、立ち寄りながら歩いてみてください。

さらに由比駅を通り越し、旧東海道を約2kmほど歩いて行くと、「東海道広重美術館」や「東海道由比宿交流館」がある「由比本陣公園」へと着きます。

由比の町を存分に満喫したい方は、このまま足を伸ばしてみてください。



わたしの「薩埵峠」の楽しみ方!

「薩埵峠」の歩き方として、オーソドックスな興津側からのアプローチをご紹介しましたが、車で訪れる際も、同じように興津側の駐車場からアプローチすることができるのですが、そういうわたしのアプローチはというと、観光ガイドや案内マップにも載っていないので、正式なルートとしておすすめすることはできないのですが、実は峠のど真ん中から行く「薩埵峠」がお気に入りとなっています。

さったトンネル側の階段道峠のど真ん中???といっても、現地を訪れた方ならお分かりかと思いますが、海側から峠のど真ん中を上って行くのは、不可能ではありませんが、観光ルートとしてご紹介するにはいささか無理があります。

わたしがご紹介するルートは、ちょうど東名高速の「さったトンネル」の興津側の入口上を横切る道を利用するもので、このトンネル入口のすぐそばに、駐車場と言ってはいけないのでしょうが、何台か車を止めるスペースがあり、そこに車を止めアクセスするというルートです。

この駐車スペースからは、ご丁寧に「薩埵峠」のハイキングコースへと抜ける、階段状の遊歩道が整備されており、ここから上っていくと、ちょうど先程ご紹介した「あずまや」の横、由比側起点から460m興津側起点から480mのところに出ます。

以前は、雨の日などは滑って危険な道だったのですが、現在は木枠によるひとり分の階段道がきれいに整備されており、少々キツく、昼間でも薄暗く人恋しい道ながら、みかん畑を横目に上っていけば、車を止め5分もあれば「あずまや」までたどり着けます。

わたしがなんでこの道が好きかと言えば、みなさん楽したいから・・・とお思いかもしれませんが、この階段道をえっちら上って行く間は、海も見えずしかも薄暗くおまけに結構足にくる道で、それなりに苦労するのですが、木々をかき分け峠道に出た瞬間一気に開け、眼前に駿河湾がドーン!と広がるその爽快な眺めが味わえることによります。

薩埵峠の眺め

どのルートを進んでも、同じ眺めを望めるのですが、常に駿河湾を見ながら歩いて行くのと、茂みから海に出るのとはその感動が異なるわけで、この一気に開ける感覚を味わいたくて、最近は毎回このルートでアクセスしています。

それともう一つこのルートを選ぶ理由は、車でのアクセスの場合、当然ながら行って帰ってこなくてはならないわけで、どこに止めようが2回同じところを通るわけですが、この「あずまや」からスタートするルートが、わたしの感性にあっているようです。

薩埵峠展望台最初にえっちら上って、この「あずまや」で駿河湾を眺めながら一休みし、次に右手の興津側の「東海道標」のところまで行き、富士山の眺望や草木を楽しみ、折り返して展望台方面へと行き、あの絶景を楽しみ、最後にこの「あずまや」に戻ってきてもう一度「あずまや」でゆっくり駿河湾を眺めつつ、今日の「薩埵峠」の旅路を振り返り、そして一気に駿河湾とお別れして茂みの中へ消えていくように峠を駆け下りていく・・・という流れがとても気に入っています。

日常生活と晴れの舞台とのオンオフが、一気に行える感じでハッキリしており、この「薩埵峠」のど真ん中アクセスルートが止められません。

初めて「薩埵峠」を訪れる方にはおすすめしませんが、二度三度と訪れている方は、是非一度挑戦してみてください。



もうひとつの「薩埵峠」の楽しみとは?

「薩埵峠」の楽しみと言えば、富士山や駿河湾の眺望や草木などの鑑賞、そしてもう一つおすすめなのが、道端にある「みかん」などを売っている基本的に無人の販売所です。

無人販売所季節や時期により販売状況も変わるのですが、青島みかん甘夏八朔ポンカン伊予柑など、実に豊富な柑橘類が売られているだけでなく、名物のびわ梅干なども売られていることがあります。

特にびわは、場所を選ぶ植物なのですが、この温暖な由比の気候が栽培に適しているようで、「特産由比びわ」として昔から知られています。

「薩埵峠」のハイキングコースを歩いていけば、その周辺いたるところに、みかんやびわの木があることはお分かりになるかと思いますが、この地区のみかんやびわは特別に美味しいものとなっています。

こんなところで・・・と思わずに、売っていたら旅のお供にどれでもよいので買って食べてみてください。

家で食べるのと異なり、この「薩埵峠」の絶景を前に食べるお味は、どれも格別に美味しく感じるはずです。

疲れた体にも良いので、是非とも食べてみてください。ただし、食べる前に、きちんとお金は入れてくださいよ!



終わりなき変化が魅力の「薩埵峠」

現在「富士山」を世界遺産に・・・という活動がすすめられています。

薩埵峠そんな富士山の世界遺産候補リストに、この「薩埵峠」が含まれています。

霊峰富士が美しいビュースポットとして、この「薩埵峠」が選ばれているわけですが、これほど、訪れるたびに表情を変える場所も珍しい・・・と思えるほどに、いつ来ても全く違った光景を目の当たりにできるのが、この「薩埵峠」の魅力でもあります。

富士山ひとつとっても、雲があったり無かったり、その雲の掛かり方や山頂の雪の量、さらには朝焼けや夕焼けなど、日によってまちまちで、同じ状態の日は二度と来ないといってもよいほど変化を続けます。

薩埵峠の夜景また駿河湾の海も、群青色に染まる日もあれば、エメラルドグリーンの輝きを見せる日もあり、また遠く伊豆半島が望めたり、多くの漁船が漁に出ていたり・・・と、これまた同じ状態はない景色となります。

さらには、明け方の力強い眺めもあれば、夕暮れ時の穏やかな眺め、暗くなっての国道や高速道路を走る車のヘッドライトが美しい夜景と、一日のうちでも多種多様な変化を見せてくれて、これに四季の草花が加わり、それらが組み合わさって生まれる「薩埵峠」の景色は、無限大にあるといっても過言ではないほどの広がりをみせます。

是非とも季節を変え時間帯を変え、そして天候も変えながら、この「薩埵峠」の景色を楽しんでみてください。

きっと訪れるたびに、またひとつ「薩埵峠」の魅力を発見できるはずですよ!
- 薩埵峠 -
薩埵峠の 『旅シュラン』 評価スコア
『旅シュラン』とは?
薩埵峠 情報
■所在地 静岡市清水区興津
■問合せ 054-251-5880(静岡観光コンベンション協会)
薩埵峠 観光情報
静岡市観光スポット
静岡市観光協会
静岡県エリアガイド
静岡への格安航空券
静岡県のゴルフ場ランキング
薩埵峠 地図
薩埵峠 宿泊情報
徹底比較!お得な宿泊サイト予約
プロが選ぶ温泉宿
静岡駅周辺 清水駅周辺 寸又峡温泉
静岡グルメ情報
静岡県グルメ情報
  第1位 富士宮やきそば
  第2位 地魚・お刺身
  第3位 静岡おでん
静岡県の特産物
静岡県の特産物「うめぇ~ら」
  第1位 由比の桜えび
  第2位 沼津の干物
  第3位 焼津のマグロ
■□■ 星★聖 のココがポイント!「薩埵峠」 ■□■
「薩埵峠」は通過するのではなく、ゆっくりひとつひとつ鑑賞しながら歩くべし!
無限大の広がりがある「薩埵峠」の景色を、季節・時間・天候も変えながら楽しもう!
みかんやびわが売っていたら、絶対に食べてみてね!
温泉マイスター 星★聖
伊豆・駿河観光ガイド「駿河湾★百景」薩埵峠のページトップへ!
駿河湾NAVI 『するナビ!』 薩埵峠(静岡市) 宿泊予約サイトの選び方
清水のビジネスホテルランキング静岡市清水区の土地物件桜エビがうまい店静岡おでんのうまい店静岡でラフティング体験
~ ♪あの街 この町 ここ最高! 静岡市観光ガイド 『薩埵峠』 ~
駿河湾NAVI ♪あの街 この町 ここ最高! 薩埵峠
100景リスト ― 伊豆・駿河観光ガイド 『駿河湾★百景』 ―
ホームページ内の写真や記載内容の無断転用を禁じます。
Copyright(C) surugawan navi,All Rights Reserved.
駿河湾★百景トップページ