静岡市観光ガイド三保の松原

伊豆・駿河観光ガイド 『駿河湾★百景』のホームページ 伊豆・駿河の100景を検索する

Vol . 86

三保の松原

Miho

三保

4 つ星評価

Miho-no-Matsubara

三保の松原

Presented By 星★聖

三保の松原(三保)

修禅寺奥の院のページです 静岡名物のうまい店のご紹介です 静岡県のゴルフ場のご紹介です 国内宿泊予約のページです 伊豆の温泉宿ランキングです 来宮神社の大楠のページです
三保の松原をご覧の皆様へ

三保の松原とは?

静岡県静岡市清水区三保にある、古くは万葉集に詠まれ、歌川広重の浮世絵「東海道五十三次」や「六十余州名所図会」にも登場する、駿河湾越しの富士山や伊豆半島の眺めが美しい景勝地。最初の国の名勝指定地のひとつで、7kmに及ぶ海岸線には、約3万本の松が生い茂り、天女が舞い降りた「羽衣伝説」の舞台としても知られるところ。虹の松原・気比の松原とともに「日本三大松原」のひとつに数えられ、「日本の白砂青松100選」にも選ばれている他、1915年には大沼・耶馬溪とともに「日本新三景」に、そして2013年には「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の構成資産として、世界文化遺産に登録されている。

この時期がおすすめ!

1月初日 2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

名  称三保の松原

ふりがなみほのまつばら

ローマ字Miho-no-Matsubara


地  区三保/静岡市(Miho/Shizuoka City)

住  所静岡市清水区三保

お問合せ054-354-2424(静岡シティプロモーション)


参考HP静岡シティプロモーション

するナビ清水の観光スポット


海岸・砂丘

富士山の絶景スポット


初日の出


世界遺産

三保の松原のPR

三保の松原の評価

三保の松原の評価グラフです
星★聖のここがポイント!

冬の特に冷え込んだ朝に訪れよう!

美しい富士山を拝みたかったら、1月~3月の特に気温が下がった朝に訪れよう!

海岸から拝む初日の出は最高だよ!

御穂神社で初詣を済ませたら、その足で三保の松原の海岸から初日の出を拝もう!

暴れん坊将軍のロケ地だよ!

暴れん坊将軍のオープニングで、松平健さんが馬で疾走していたのがココだよ!

三保の松原 編

国内旅行業務管理者&温泉マイスター 星★聖(ほし たかし)の署名画像です 星★聖

三保の松原の地図

この宿がおすすめ

三保の松原の見所

三保の松原→三保松原へ!

三保松原にて世界遺産申請したことから、マスコミをはじめ現在ではそう表記するが、元々は三保の松原が当たり前で、地図や道路標識・県の刊行物に到るまで三保の松原だった。現在税金を無駄遣いしながら表記の修正が行われているが、個人的にはなんで「の」を抜いたのか理解に苦しむ。表現に優しさが感じられたのに・・・

三保の松原

沼津の千本松原もそうだが、海風を受け斜めに傾きながらも、必死に根を張り生えている松林の光景が実に印象的だ。特に明け方は斜めから朝日を受け、赤く染まりながらその影を伸ばし、より幻想的な雰囲気となる。上にも書いたが、この感じが三保の松原だ。私が生きている間くらいは「の」を使い続けても良いだろう・・・

世界遺産「富士山」

三保松原から眺める富士山、世界遺産から眺める世界遺産の光景は格別である。美しい富士山を拝みたければ、空気の澄んだ冬場の、特に冷え込んだ朝がおすすめだ。夏場に来ても、ほとんど霞んで富士山は見えないし、おまけに雪化粧していない富士山は、富士山らしくなくて興ざめだよ!

2代目 羽衣の松

昔から見慣れているからだろうが、樹齢650年を過ぎ枯れて元気がなくても、先代の松の方が趣があって「羽衣の松」という感じがする。

3代目 羽衣の松

2010年10月に世代交代した3代目の松。先代よりも、御穂神社から神の道を抜けた直線上に位置するようになったが、まだしっくりこない。

暴れん坊将軍のオープニング

テレビ朝日の時代劇「暴れん坊将軍」のオープニングで、馬にまたがり松平健さんが飛沫を上げながら疾走していた海岸が、この三保の松原だ!

写真撮影スポット

羽衣の松からは少し歩くが、この位置まで来ればトップの写真のように、手前に海を入れた三保の松原と富士山の写真が撮れる。

この景観を守るために・・・

ここが砂浜だったらどんなにキレイなことか・・・と思ってしまうが、浸食が激しくとてもとてもそんな状態では無い。世界遺産登録に際して、景観を損ねるテトラポットが問題になったが、とても難しい問題であり、この景観を守るためには国を巻き込んでの、小手先ではなく相当大胆な方法による対策が必要だと思われる。

初日の出スポット

伊豆半島の山々の上からと、水平線からの日の出は見られないが、元旦には初日の出を見ようと、多くの人が押し寄せる。

エレーヌの碑

三保の松原に憧れつつも35歳の若さで亡くなったフランスの舞踊家エレーヌ・ジュグラリスの夫が、遺髪を持ち訪れたことから建てられた碑。