下田市観光ガイドあじさい祭

伊豆・駿河観光ガイド 『駿河湾★百景』のホームページ 伊豆・駿河の100景を検索する

Vol . 61

あじさい祭

Shimoda

下田

3 つ星評価

Ajisai Festival

あじさい祭

Presented By 星★聖

あじさい祭(下田)

御穂神社のページです 静岡名物のうまい店のご紹介です 静岡県のゴルフ場のご紹介です 国内宿泊予約のページです 伊豆の温泉宿ランキングです 静岡まつりのページです
あじさい祭をご覧の皆様へ

あじさい祭とは?

静岡県下田市にある「下田公園」を舞台に、毎年6月1日~30日までの1ヶ月間開催される花の祭典。半世紀にわたり育てられてきた、約50種類 15万株 300万輪と言われる、白・青・ピンク・紫の色とりどりのアジサイの花が、園内のあちこちに咲き乱れ、約264000㎡ある広大な敷地を、紫陽花の大輪の花が埋め尽くす。あじさい祭期間中は、公園下に臨時駐車場も用意され、県内外から多くの見物客が訪れる。またこれに合わせ下田の街では、日本一の水揚げ量を誇る金目鯛のグルメの祭典「下田きんめ祭り」も同時開催される。

この時期がおすすめ!

1月  2月  3月  4月  5月  6月お祭り 7月  8月  9月  10月  11月  12月 

名  称あじさい祭

ふりがなあじさいまつり

ローマ字Ajisai Festival


地  区下田市(Shimoda City)

住  所下田市3

お問合せ0558-22-1531(下田市観光協会)


参考HP下田公園

参考HP下田市観光協会

するナビ下田市の観光スポット


紫陽花・アジサイ


お祭り・行事

あじさい祭のPR

あじさい祭の評価

あじさい祭の評価グラフです
星★聖のここがポイント!

360度アジサイに囲まれてみよう!

360度アジサイに囲まれた気分は最高だよ!自然とテンションも上がってくるよ!

アジサイ越しの港町の光景を楽しもう!

丘を登っていくと、アジサイ越しに下田の港町の光景が眺められるよ!

下田キンメ祭りも楽しもう!

あじさい観賞の後は、日本一の水揚げ量を誇る下田の金目鯛を食そう!

あじさい祭 編

国内旅行業務管理者&温泉マイスター 星★聖(ほし たかし)の署名画像です 星★聖

あじさい祭の地図

この宿がおすすめ

あじさい祭の見所

あじさい祭

下田公園下の臨時駐車場に車を止めると、この時期だけ設けられる、あじさい祭会場と書かれたこのゲートが迎えてくれる。

あじさい園

約264000㎡と東京ドーム5個半もある下田公園は、なかなかぐるっと巡る気にならないが、この時期だけはそれも苦にならない。

アジサイ越しの下田港

坂道を上っていくと、やがてアジサイ越しに下田の港町の眺めが楽しめる。変化にとんだ風景がさらに際立って見える。

彩を添える紫陽花

公園内には、石碑や彫刻などが点在しているが、普段は気づかないモノも、紫陽花の花が彩を添えるこの時期だけは輝いて見える。

あじさいロード

公園内には、両脇を無数のアジサイの花が埋め尽くす、あじさいロードがいくつもある。一年を通じて、これほど遊歩道を歩くのが楽しいのは、アジサイが咲くこの時期だけで、平地ではなく斜面を行くのがまたよい。狭い道になればなるほど、アジサイに囲まれているような感覚が増して、自然とテンションも上がってくる。

無知でも充分楽しめる

花には明るくないので品種のことはわからないが、それでも道の両脇に咲くアジサイを見れば、カタチや色の違いなど充分楽しめる。

目を奪われる光景

通常あじさい園などに行くと、一つ一つの花の違いに目が行くが、ここでは全体として斜面を染め上げる、色の違いに目を奪われる。

百聞は一見に如かず

約50種 15万株 300万輪のアジサイの花…と、数字を並べ言われても、数が多いのはなんとなくわかるが、イマイチつかめない感じだが、実際に現地を訪れ、斜面を埋め尽くすアジサイの花を見れば、すぐにその数の多さが理解できる。まさに「百聞は一見に如かず」とはこのことだ。

秋葉公園に似ている…

駿河湾エリアにも、あじさいの名所はいくつかあるが、斜面いっぱいにあじさいが咲くこの感じは、牧之原市の「秋葉公園のアジサイ」に似ている。

キャンバスを埋めるよう

あじさいの丘の斜面を見上げていると、まるで水彩画のキャンバスを埋めるかのように、色とりどりのアジサイが咲いている。

開国記念碑

つい2週間ほど前に、「黒船祭」の記念式典が催された開国記念碑周辺にも、献花に代わって今はアジサイの花が咲いている。

露店も並ぶ

開国広場には、いくつもの露店が並び、週末には各種イベントも開催され、祭りを盛り上げている。