藤枝市観光ガイド金比羅山緑地公園

伊豆・駿河観光ガイド『駿河湾★百景』のホームページです 静岡・伊豆の100景を検索する 藤枝市の金比羅山緑地公園の写真です

Vol . 447

金比羅山緑地公園

Fujieda

藤枝

金比羅山緑地公園は、3つ星の星評価です

Mt. Konpira Green Park

金比羅山緑地公園

Presented By 星★聖

金比羅山緑地公園(藤枝)

旅Pod ホテル・旅館予約のページです 駿河湾NAVIのページです
金比羅山緑地公園をご覧の皆様へ

金比羅山緑地公園こんぴらさんりょくちこうえんとは?

静岡県藤枝市を流れる瀬戸川沿いの勝草橋近くにある、富士山や南アルプスを遠望できる、広さ約16000㎡の緑地公園。

標高67mの山の頂には、「こんぴらさん」として親しまれている「金刀比羅神社」や「亀田稲荷神社」があり、中腹には紅梅・白梅約200本の「梅園」や「天満宮」がある。

山全体をソメイヨシノなど約600本の桜の花が覆う花見の名所として知られ、毎年春に「金比羅山・瀬戸川桜まつり」が開催され、夜間ライトアップも行われる。

大宴会場となる「晴嵐の広場」では、6月になるとホタル観賞が行え、「夕照の広場」にはちょっとしたアスレチックがある他、「秋月の広場」「蛍火の広場」「夜雨の広場」などの広場があり、四季を通じて市民の憩いの場となっている。

この時期がおすすめ!

1月  2月 3月 4月 5月  6月ホタル 7月  8月  9月  10月  11月  12月 
名称 金比羅山緑地公園コンピラサンリョクチコウエン
読み方 こんぴらさんりょくちこうえん
郵便番号 〒426-0071
所在地 藤枝市志太3-19
アクセス JR東海道線「藤枝駅」徒歩28分
⇒静鉄バス「勝草橋」下車
お問合せ 054-645-2500
(藤枝市観光協会)
参考HP 金比羅山・瀬戸川桜まつり
参考HP 藤枝市観光協会
するナビ 藤枝市の観光スポット
宿泊予約 ホテル・旅館予約
ゴルフ 静岡県のゴルフ場予約
名物 せとやコロッケ
公園・広場 山・渓谷・峠 富士山の絶景 ホタル観賞 ウメ

金比羅山緑地公園の地図

星★聖のここがポイント!

春の桜まつりの時期がおすすめ!

桜の名所として知られ、毎年「金比羅山・瀬戸川桜まつり」は大勢の花見客が訪れてスゴいよ!

神社へのお参りをお忘れなく!

山頂の金刀比羅神社や亀田稲荷神社だけでなく、菅公を祀った天満宮もお参りしよう!

梅園もおすすめだよ!

イチオシはお花見シーズンだが、2月の梅園も趣があっていいよ!

金比羅山緑地公園 編

国内旅行業務管理者・温泉マイスター 星★聖(ほし たかし)の署名画像です 星★聖(ほし たかし)のイラストです

金比羅山緑地公園の見所

金比羅山緑地公園の案内板の写真

金比羅山緑地公園の案内板

金比羅山に上る前に、園内に何があるかとその位置関係を頭に入れておこう。標高67mで、山と言ってもあっと言う間に上れる高さではあるが、見たいスポットを見逃してまた上るハメになったり、駐車場と反対側に下りたりしたら、気分的にえええってなるので事前にチェックを! まぁいい運動にはなるけどね…

プチ吉野といった感じの金比羅山の写真

プチ吉野

お花見シーズンの金比羅山は、山全体が桜色に染まり、あの奈良県の吉野山を彷彿させる"プチ吉野"といった光景になる。一年で一番華やぐ季節であり、夜間はライトアップも行われる。

金比羅山緑地公園の雨嵐の広場の写真

雨嵐の広場

駐車場も兼ねる広場が、お花見シーズンだけは一変し大宴会場へと変貌する。これぞ日本のお花見!という感じで、あっちもこっちもどんちゃん騒ぎだ。そんな広場で、6月にはホタル観賞が行える。

金比羅山緑地公園のつたの道の写真

つたの道

金比羅山の山頂へと上っていくルートは主に5本あるが、最もオーソドックスなのが、広くて緩やかなこの「つたの道」を上っていくルートだ。お花見シーズンに、この道を歩くのは楽しい。

金比羅山を覆う桜の写真

山を覆う桜の花

ソメイヨシノ中心の桜の花は、遠景では淡いピンク色が印象的だったが、光の加減もあるのだろうが、時に白さが際立って見えることも!空の青と緑とのコントラストが印象的だ。

金比羅山緑地公園のつづら折りの写真

つづら折り

つづら折りになっている「つたの道」は、緩やかで上りやすいとともに、見上げた景色を楽しみながらゆっくりと上っていける。

金比羅山緑地公園の桜の道の写真

桜の道

わたしはいつも、この「桜の道」で下る。単純に駐車場に出やすいこともあるが、なんとなく下り向き?の景色というか、上りは味気ないが、下りは楽しめる景色が広がっている。

金比羅山緑地公園から望む富士山の写真

富士山

藤枝の市街地からは、なかなかハッキリと富士山が見えないものだが、金比羅山緑地公園からは、こうして富士山が顔をのぞかせている。同じような感じだったのが「蓮華寺池公園」で、ここも園内の山に上ると富士山が見える。桜の花と富士山の相性もバッチリだ!

金刀比羅神社の参道の写真

金刀比羅神社への参道

とても絵になる参道で、石段の曲がり方と、鳥居やその奥の社殿の位置関係が素晴らしく、木々の緑と朱色も映える。さらに「金比羅山・瀬戸川桜まつり」が開催されるお花見シーズンには、桜と花見のぼんぼりが彩りを添える感じで、一層絵になる光景となる。

金比羅山緑地公園の金刀比羅神社と亀田稲荷神社の写真

金刀比羅神社と亀田稲荷神社

石段を上ると、左手に金刀比羅神社が、右手に亀田稲荷神社が建っている。1180年頃、駿河三郎義成が金刀比羅大権現を崇め修業道に入り、滝宝院藤教と名を変え「金刀比羅堂」を建立したという。1613年3月31日には、讃岐の「金刀比羅宮」より分霊を受け、1868年に「金刀比羅神社」と改称された歴史を持つ。香川のこんぴらさんも、金刀比羅・金毘羅・金比羅・琴平と漢字の使い分けが難しいが、ここも金刀比羅神社と金比羅山で漢字が異なる。

金刀比羅神社の写真

金刀比羅神社

現在の社殿は、1958年5月に、老朽化のために建て替えられたものであるが、それでもすでに半世紀以上経っており、風格のある佇まいをみせている。

亀田稲荷神社の写真

亀田稲荷神社

亀田稲荷の由緒については?だが、インパクトのある朱色の鳥居と、社殿の扁額の文字が、とても勢いがあって印象的だ!

金比羅山緑地公園にある万葉集の歌碑の写真

万葉集の歌碑

万葉集第14巻に登場する、駿河国の人が儚い恋を詠んだ「志太の浦を 朝こぐ舟は よしなしに 漕ぐらめかもよ よしこさるらめ」の歌碑。

金比羅山緑地公園の秋月の広場の写真

秋月の広場

焼津の浜当目に上る月を愛でた、志太九景の1つ「当目秋月」ゆかりの地。鎌倉の「杉本寺」から流れ着いた、観音岩の仏様の伝説も残る。

金比羅山緑地公園にある夕照の広場のアスレチックの写真

アスレチック

「夕照の広場」には、アスレチックがある。ちょこっとだけだが、子供にとってはこれだけでも、行ったり来たりで十分楽しめる。

瀬戸川の河川敷の写真

瀬戸川の河川敷

広大な瀬戸川の河川敷には、志太河川敷公園がある他、スポーツや川遊び・バーベキューなど、いろいろと楽しめる場所であり、ここもまた市民の憩いの場である。